スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もう一つの選択肢

先日の『サポートについて』の記事に
補足したいことがあり、追記します。

これは福祉関連施設で親のサポートの仕事をする人の話だ。
Aさんはそのセンターで障害児を持つ親からのホットラインの担当。213
電話の質問に対して調べて報告したり、相談に乗ったりする。
相談者の心理状態は時にとても不安定なことも多い。
彼女らは親のサポートをするためにどう対応するべきか、事前にトレーニングを受けている。
CabrilloOldLighthouse
ある日、障害児を里子に出したいという電話相談がきた。
上司と相談して、一緒に家庭訪問をすることに。
家に入る。
殺伐とした空気、
物が散乱する部屋、
奥からは子供の叫び声がする。
お母さんはもう自分の子供を世話することに心身ともに疲れ果ててしまった。
誰かに自分の子供を託したいという。
Aさんはお母さんにいう。
「本当にお子さんを手放して後悔しないの?」
わっと、泣き出すお母さん

そこに上司がいった。
「それ(里子に出すこと)もあなたの選択肢の一つです。」
TorreyPines_Birds2
そして彼は自分の話をしはじめた。
彼は昔、重度障害児を育てることに行き詰まってしまい、
結局自分の子供を里子に出すことを決めたと。
もし今の不安定な現状の自分に育てられたら、子供は虐待されてしまうかもしれない。
もし、もっと子供を暖かく受け入れてくれる人がいれば、
その方が子供のためにもいいかもしれないと。

そして年月は流れ、
彼は今、親をサポートする仕事に携わっている。
彼はずっと過去を自責し続けているのかもしれない。
しかし、彼の経験を他の親のために使っている。
そんな人生もあるのだ。
TorreyPines_Birds1
人にはそれぞれ事情がある。
だから私も全ての親に頑張れとはいわない。
ある時には別の選択肢も必要だということを、
それも選択肢だということを。

でも、
クリックはしてほしい。238
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

comment

No title

コドモを手放すという選択は、追い詰められて追い詰められて、もう「この子を殺して私も死ぬ」ってくらいの状況になってるなら、あっていい選択だと思う。
上司の言うように、ゼッタイ一生ついて回る呵責になるだろうけど。
鬱を経験したワタシとしては、その「選択」があるからこそ正気で居られる部分もある。

No title

うん、虐待をしてしまうかもしれない、と言う気持ち、分からないでもないわ。
普通の子育てだって、大変な時は大変なのに、重度障害児の子育てって、本当に大変だと思う。
だからこう言う選択も、あっていいんじゃないかな、って思うわ。

怪人さん、

v-209
世の中には、そういう障害児を引き取って育てている里親さんが沢山いるのです。ある一人の里親さん、2人の自閉症児を引き取って、問題行動に困ってるって、勉強会に来てた。自分の子供でないのに、そういう選択をしたこと、努力をされていることだけで私は偉大な人だと感動する。本当にこの世の中捨てたもんじゃないと思うよ。

reeさん、

v-209
他にも親は育て続けたい気持ちがあっても、子供の精神状態が危険になって、手放さざるを得ない状況もあります。
ーいろいろ奥が深いです。

No title

米国ならば・・・スペシャルニーズの子どもを あえて引き取って養子にして育てる家庭もありますよね・・・。
でも、日本ではあり得ない話です。
日本では・・・選択肢があるとはいえない・・・。

子どもは社会の宝だと考える国は懐が深いのだと思います。

いつも ぽちっと!で応援してます♪

マドンナさん、

v-209
祖父母や親戚が引き取る場合が多いのでしょう。
実はこちらも祖父母が育てていることは多いです。あるおばあちゃんは自分も年を取ってきて、障害児は大きくなっていく、これから何年世話ができるのか心配だと記事になっていました。
その後は施設でしょうか。
考えさせられますね。
Secret

摂氏/華氏 温度変換器

料理や気温の変換にどうぞ♪

閲覧者のみなさまへ

ご訪問ありがとうございます。
=療育他の掲載資料をAmazon.co.jp(日本版)、Amazon.com(アメリカ)で記事から直接購入できます。是非ご利用ください!=

ブロとも申請フォーム

プロフィール

Sandie Go

Author:Sandie Go
<Go一家>
渡米11年。USACA州在住。
<家族>
母:Sandie(筆者)
基本は専業主婦、時々フリーランスライター。自閉症児育児歴、16年。
父:Mandy
酒と本がないと生きていけない、自閉研究者。最近の趣味は子供と始めたバイオリンとゴルフ。
子供:K(男)
重度自閉症。16歳
子供:E(女)
高機能自閉症。10歳

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

クリックお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 FC2写真ブログランキング ↓↓義援金バナー貼りました。ご協力よろしくお願いします。 FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集 一日1回クリックするだけで寄付金が加算されるサイトです。 ホスピタリティクリック募金

リンクさせてください

いつもご訪問&コメントありがとうございます♪

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

更新で植林♪

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。