スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

赤子奮闘記

ある日に相談を持ちかけた。
知人の4ヶ月になる子供をデイケアに預けて職場に復帰しようとしたお母さん、
契約していたデイケアに預けたところ、
その赤子、2日でそのデイケアを首になってしまったらしい。(汗)
詳しく話を聞くと、
母乳育児をしているので母親への依存心が強く、母親から離されたら一日中泣き続け、
デイケア側からすれば、うるさいので他の子供が昼寝できないし、
一番の問題は搾乳した母乳を入れた哺乳瓶から全く飲もうとしないことで、
赤子にとってミルクが飲めないのは死活問題なので、この状態では預かれない。
子供をトレーニングしてから連れて来てくれといわれたようだ。

日本のブロ友さんの話によると、
日本では乳児を預かる保育所は保母さんがトレーニングしながら慣らし保育をしてくれるそうだが、
基本的にアメリカでは生後6週間からデイケア(家庭保育園)は預けられるし、
母親も子供の生後2~3ヶ月には職場復帰することが多い。
その頃の月齢は子供に認識力がないので他人に簡単に預けられるのだが、
4ヶ月ともなると自我が芽生えて知らない人の分別がついてきて、人見知りが始まる。
ましてや母乳で育っていた子供となると、
他人からミルクを与えてもらった経験がないから母親への依存が強いのはなおさらである。
アメリカでは共働きの親が多いから、母乳育児をせずにミルクで育てる人が多いというのはこういう背景もあるのだろう。
だからアメリカのナニー(乳母)はこういったケースの経験が少ない。
個人的には母乳育児は栄養面や親子の相互関係にもいいと思うし、
嫌がる乳児をそこまでして無理に離す事もなかろう、離乳するまで専業主婦してれば?と思うのだが、
どうしても職場復帰したいという。

確かにもう分別がついたこの月齢の赤子から3歳ぐらいまで他人に預けるのはどんどん難しくなるのだ。
専業主婦の子供の中には、
保育園に母子ともに6ヶ月通い続けた2歳児、(これでは子供を預けるという意味全くなし...)
3歳すぎても母乳離乳できなかった子供、(こうなるとただの悪癖)
さらに4歳まで母親から一時も離れることができなかった子供(滝汗)
という強者もいた...

しかし、トレーニングしろっていっても一体どこで?
父;「...うちで...」
母;「ええーっ!?」
(それはがその赤子の面倒を見ろといっているのである(滝汗))

ということで、我が家に送り込まれた赤子。
母親からならば哺乳瓶で飲むと聞いていたが、自宅でミルクは飲ませずに来てもらった。
とりあえず母親にはいてもらい、がミルクを与えてみるが、
号泣ーっ。
のけぞって拒否するので哺乳瓶を入れても中のミルクは吐いている。
ハンストで抵抗か...
さらにデイケアで数日ハンストでミルクを飲んでいなかったせいか、数日便が出ていないという。
体調がさらに悪循環を生んでいる。
いずれにしても母親から離れる訓練をしなければならないので、
、ある指令を母親に出し、買い物に出てもらった。
その間抱いてなだめて泣き止んだが、抱き離すとやはり泣きっぱなしだった。

さて買って来てもらったのはー

こちらで販売しているお米粥をフリーズドライしたシリアル
これにミルクを追加するだけで簡単に離乳食のお粥を作ることができる。
月齢は特に書かれていないが、の母乳が足りなかったので、4ヶ月すぐからこの粥を始めたのである。
こちらではオートミール粥が一般的だが、月齢が低いとアレルギーが出る事もあるので、
消化のいい米粥から始めたほうが安心だ。
この粥が食べられるようになれば、デイケアでも作って与えてもらえるだろう。

これを口にスプーンで含ませてみると、泣きながらも飲み込む事ができた。
少なくともミルクを吐くよりはのどには通っている。
数口飲み込んでいくと腹が落ち着いて来たのか泣き止んだ。

父親から自宅でミルクを飲ませる練習と母親が離れて父親が面倒を見る機会を作る。
夜は添い寝も辞めてベビーベットで寝る癖をつけさせる。
デイケアではベビーベットで寝かしつけられるし、
そもそもアメリカでは赤子を子供部屋で眠らせる習慣なので添い寝は全くありえないのである!
以上の宿題を課してその日は終了。

そしてこの赤子を引き取ってくれる理解あるナニーを探してもらわないといけない。
ナニーひとりで切り盛りしているデイケアでなくて、
ベビーシッターか、専門スタッフの多い私立保育園に入れたらトレーニングもしてくれるのではないかと思うが、
予算が足りないのだという。
実は我がエリアの託児相場、デイケアに一日1ヶ月預かってもらうのに1000ドルかかる。
私立保育園はそれに3~400ドル上乗せされる。(驚)
我がエリアはアメリカ国内では物価が高い方ではあるが、おそらく日本の倍額じゃないだろうか。
こちらの人件費は高いとは聞いていたが、この値段では、正社員専門職でない限り、
母親の給料手取りをほとんど吸い取られてしまうではないか!
いくら年末の確定申告で育児補助控除が与えられても、
アメリカの母親は仕事のキャリアを継続するためだけに働いているといっても過言ではない...
(ま、確かに一旦仕事を辞めて数年経つと再就職は難しい。私のように...)

2日目は母親には家に帰ってもらう事にした。
デイケアでは抱いてあやしてくれないし、も腕が痛いので抱かないことにした。
案の定母親がいなくなると泣いて、ミルクは飲まなかったが、
カーシートに入れたままでも例のお粥は食べたので、
そのあとでミルクを飲ませてみると飲む事ができた。
そしてまた泣き始めたのでいろいろ調べてみると、
数日ぶりのうんちが出ていた。
、固形物を身体に入れれば便が出やすくなるんじゃないかと思っていたのだが、この予想が的中した。
これですっきりしたのか泣き止んで、床におくと1人で遊び始めた。
それでもが離れると「おー」と呼ばれてやはり片時も離れられないのだが(汗)
物追いをするのが楽しくて笑うことを発見したので、
母親にベビーベッドにメリーを付けるときっと気に入って寝るだろうと提案した。
そのうち寝ぐずりが出て泣き止まなくなってしまったところで母親が戻って来た。
その日はまた上の宿題を出して終了。
父親が子供が家で泣くようになって参っているそうだが、育児は共同作業、
ましてや共働きとなれば父親が家事に協力しないと成り立たないので頑張ってもらうしかない。

その赤子の状態を父に報告すると、
父;「ほら、数日トレーニングすればできるじゃないか」
ちょっとー!困りに困ってに泣きついて来たのはどなたでしたっけーっ!!!

その後幸いマッチングするナニーが見つかったので、そこで預かってもらうことにした。
実はその方、自閉症児も託児する人なのだそうだ。
(レシピット向けにデイケアを登録し、紹介する機関がある。)
さすがプロ、その赤子も初対面でもにこにこ抱かれていたらしい。
赤子も自閉症児も出来る人は分かるのである。

これにて一件落着ー

↓たくさんの人に療育を知ってもらいたいと思っています;みんなでクリックしてね♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : ◆◇◆0歳ベィビー◆◇◆
genre : 育児

comment

No title

うは、例のコメントに書かれていたハナシですね。

そもそも日本とは保育園のシステムとかが全然違うみたいですね〜
ま、保母さんが…というのは園にもよるし、園の中でも先生によって結構対応が違ったりなんてこともありますが。
(ただ、ウチの保育園は国の認可を受けた"認可園"なので、よっぽどでなければイキナリ「クビ」なんてことはないと思いますけど^^;)
でも、たいていは最低2週間くらいかけて、最初は2時間、そしてお昼まで、午後イチ、夕方…と様子みてと伸ばしていって慣らすのはどこの保育園でもやってると思います。(ウチの次男坊はコレが1ヶ月近くかかりましたけど^^;)
だいたいのお母さんはそれを見越して4月1日から復帰!なんて事はせずに慣れた頃に本復帰できる感じでスケジュール組んでますしね。

その4ヶ月児ちゃんは、イキナリ長時間預けられちゃったのかしら?^^;
きっと徐々にやってけばそのうち問題なく馴染んでいったでしょうにねえ。

あと、母乳ですが、最近は断乳ではなく卒乳といって子どもが納得してやめる方向にもってく人も多かったり、それを推奨してる助産師さんや専門家も多いみたいです。(母親の体力がキツくなければ)
3歳や4歳になっても精神安定剤?のように寝る時だけ飲んだりする子も実際周りに結構いますヨ。
ウチはアニキは1歳半で自ら見向きもしなくなりましたが^^;、次男坊は自らやめるまで好きにさせようかな〜と思ってます。3歳でも4歳でも。(なんつってアニキのように1歳半で卒乳して母の方が寂しくなったりして…)
ま、保育園っこなんで当然ウチを含めて周りもみんな働いてますので、大事なスキンシップのひとつですからね〜
長い目でみたら3歳4歳なんて一瞬だし。
それで保育園生活に支障をきたしてる子はいないので、↑例にあがってる子たちはやはりこちらとそちらの保育園のシステムやあり方?の違いの問題もあるのでしょうねえ。

…と、とりとめなく長々失礼しました。

No title

大変ですよね~
私も派遣社員でデイケアに子供預けたけどうまくいかずやめてった方お会いしたことあります。

いろいろ事情があって働かなきゃって思ってもうまく預けられないとねって大変そう!

No title

4ヶ月のベビちゃんが、1日ミルクを飲まなかったら、体調管理が怖いし、デイケアの方も、お手上げ状態なんでしょうね。
こちらのママさん、良いナニーが見つかって、一安心ですね。


皆様、

v-209
歯が揃っても夜間に母乳あげてると虫歯できますよ、ご用心~
あとこちらはお母さんも子供が母体に未練残さないように、一度哺乳瓶にしたら、夜も哺乳瓶で通す。すると母体が母乳を作らなくなってミルクにシフトせざるを得ないという…自然の摂理に反して、ミルク業者が儲かってるだけだと思うのは私だけ⁇
Secret

摂氏/華氏 温度変換器

料理や気温の変換にどうぞ♪

閲覧者のみなさまへ

ご訪問ありがとうございます。
=療育他の掲載資料をAmazon.co.jp(日本版)、Amazon.com(アメリカ)で記事から直接購入できます。是非ご利用ください!=

ブロとも申請フォーム

プロフィール

Sandie Go

Author:Sandie Go
<Go一家>
渡米11年。USACA州在住。
<家族>
母:Sandie(筆者)
基本は専業主婦、時々フリーランスライター。自閉症児育児歴、16年。
父:Mandy
酒と本がないと生きていけない、自閉研究者。最近の趣味は子供と始めたバイオリンとゴルフ。
子供:K(男)
重度自閉症。16歳
子供:E(女)
高機能自閉症。10歳

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

クリックお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 FC2写真ブログランキング ↓↓義援金バナー貼りました。ご協力よろしくお願いします。 FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集 一日1回クリックするだけで寄付金が加算されるサイトです。 ホスピタリティクリック募金

リンクさせてください

いつもご訪問&コメントありがとうございます♪

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

更新で植林♪

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。