スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サポートについて

うちの子は他の子と比べて何かが違う。
もしかしたらちまたでいう発達障害かもしれない。
そう思われてウェブサーチをし、もしここにたどり着いたのなら、
もし、発達検査を受けるかどうか悩まれているのなら、
あなたはここに来たことで、すでに一歩を踏み出している。
Railroad_Kampo  
もし、ずっと不安を抱え続けるのならば、検査を受けることをお薦めする。
これは一度しか言わない。最終的に検査を決めるのは親であるあなただから。
検査をして、問題なければそれでよし。
結果を踏まえて前に進めばいい。

もしあなたが今、検査結果を待っているのならば、残念ながら今はアドバイスはできない。
これは福祉センターや心理学者などの専門家でも出来ないことなのだ。
でも、これだけはお伝えしたい。
今は静かに時を待ち、
今までと変わらぬ愛情で、あなたのお子さんを包み、育ててください。

検査をして、診断が出たら、ショックだろう。立ち直れないかもしれない。
悲しみのどん底で死を考えるかもしれない。
そんな時は誰かと話をしてほしい。できれば専門家のいるホットラインがいい。
そして、考えてほしい。子供には子供のこれからの人生がある。
そして子供はあなたを必要としているということを。

すぐには子供の障害を受け入れられないだろう。
しかし、子供のありのまま、子供の障害を受け入れることが、療育の第一歩だ。
もし診断名が出れば、それに対して対処を考えなければいけない。
専門家を探し、指導を受けなければいけない。親も指導を学ばなければならない。
子供は日々生きている。待ったなし。あなたには子供の療育が待っている。
発達障害の療育は早いほうがより効果を発揮するという。
しかし、思いついたときが出発だ。決して遅くはない。
Bell flower

しかし、ひとつだけ例外がある。
子供が成長期や思春期にあり、高機能やアスペルガーの診断を受けること。
これは子供本人の自我が芽生えており、診断を知るのが本人の心の痛手となる。
それが原因で鬱になり、自殺する可能性もある。
もし学業や日常生活に支障を来さなければ、診断を出すことは見あわすのも一考である。
Poppy
そしてあなたは障害児の親のサボートグループにいくだろう。
現在は様々な団体やグループがある。
同じ障害名でも、いろいろな子供がいて、いろいろな親がいる。
みんな会合で、自分の経験や悩みを分かち合う。
みんな同じ場面を経験した、自分は一人じゃない。
あなたはそこで癒しを受けるだろう。
しかし、提案は参考にするにしても、決めて、実施するのは親であるあなただ。
なぜならば、子供は各々違い、子供を一番理解しているのはあなただからだ。
人はそれぞれ考え方も違えば、環境も違う。
多々ある情報や提案の中から、
無理をして全てをやろうと思わなくていい。
自分のペースで少しづつ、
あなたは自分でできること、自分の子供に合うと思う方法を選べばいい。
たとえ専門家が自分と違うことをいうことがあったとしても、
自分の子供を冷静に見つめたとき、あなたはおのずと進む道を見いだすであろう。
Sun flower

私は以上のことを先輩ママ達から教わった。

愚痴があったらここで話してもらっても良い。
私はただ聞くだけだけど。
もし、いきづまってしまっても、誰かに話すこと、言葉にすることで、自分の方向を見つめ直すことができるだろう。

私はここで自分の経験を日記としてお話するが、
それを強いたりはしない。
自分が子供によいと思ったことを確信を持って。
親が子供の一番の理解者であり、教育者だから。

そして、そんな思いでこのブログを始めた。
あなたの一つの参考にしていただければ幸いである。

クリックもしていただくと幸いである。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

comment

No title

今日の内容、本当にその通り。
息子は早くからケアが出来たから、アプラクシアを乗り越える事が出来たの。
アプラクシアだって、ケアを始めるのが遅ければ遅いほど、困難な症状だって専門家が言ってた。
不安を抱えるなら検査しようよ、と私もそうだったから。
結果が出た時、受け止めるのは難しいかもしれないけど、受け止めなければなにも始まらない。
子供が一番努力して頑張ってるんだもの。
親だもん、頑張れるよ!!

reeさん、

ありがとうございます。
子供が一番頑張っている、本当ですね。
実は偉そうなことを書いたような気がしたから、出そうかどうか迷ったの。
でもこんなお言葉をいただいてよかったです。
(実は私、すごーーく小心者)(爆)

No title

おかしいと思ったら、先ず行動というの 本当にそうだな、って思いました。 親が一番の理解者だっていうところも。。。(責任重大だなぁ。)

うちの場合は、「おかしいと思うんです」と言っても、「そうかなぁ2ヶ国語のせいじゃないの?」と言われて何度も相談終了、、、それでもしつこく「調べて欲しいから」と言って書類を提出してから 検査まで数ヶ月、訓練が軌道に乗るまで約1年かかりました。。。 (と思ったら Early Intervention 終了で 今度は学校との交渉。。。) 今も 検査して欲しいことがあって、書類提出中です。 引越しを控えているので、それまでに結果でるかな。。。不安。
親のサポートグループに入れるのはいいですよね。 
私は子供と同じような困難を抱えた子やその親御さんに実際に会ったことがなくて。。。   会って話せたらどんなにいいだろうって思います。 (サブ)ブログからつながりが出来て、それには とても助けられています。
Sandieさんのところは、Sandieさんもご主人さんも とても積極的にお子さんと向き合っていらっしゃって いつも尊敬です。 

かたこさん、

結果早く出ると良いですね。何らかの診断名がでるとサポートグループもみつかると思いますが。
確かにこういうボーダーラインの子供たちは学校側もなかなか動いてくれないようです。バイリンガルのせいにされることも多い。親御さん方の苦労が忍ばれます。かたこさんは異国の地で子供のためにそういうことと戦っておられて尊敬です。きっとその成果が報われるはず!
うちの夫婦は子供たちのためにここに残ることを決めたので、まずそれが最優先という考え方です。これからもいろいろあるでしょうが、二人で踏ん張ってやっていくしかないと思っています。

No title

私もちょうど今日の記事で息子が診断された時のことなどを書いたところでした。今日で息子の診断からちょうど一年経ったので。

うちは「何かおかしいな~」と思ってから診断名がつくまでが約2ヶ月半・・・と、結構早く診断してもらえたのでラッキーでした。
私の場合はちょっと変わっているというか・・・診断がはっきり出て、とてもスッキリした気分になったことを覚えています。
その当時はすでに怪人さんのブログなどを知っていて、「世の中にはこんなに前向きに頑張ってる人もいるんだ~」と思っていたのも大きいですね^^
とにかく自閉症の診断は、私にとってはこの世の終わりではなかったですね。むしろ、はっきり名前がついたことで、やっと一歩踏み出せた~という感じかな。
Sandieさんの仰るとおり、子供には子供の人生がありますからね。それに自閉症は親のせいでもないけど、ましてや子供のせいでもないんだから・・・苦しんでるのは、親よりも誰よりも子供本人だって思えば、自然とやるべきことは見えてくると思います。
な~んて、すごく偉そうなことを言ってしまいました・・・^^;
Sandieさんのブログは、本当に参考になる情報がいっぱいですから・・・きっと最近診断を受けたばかり・診断待ち、なんて親御さん達にはとっても心強いと思います。これからもためになる情報よろしくお願いします^^

くまこさん、

診断から1年ですか。
めまぐるしい激動の1年だったと思います。お疲れさま。
人によって診断の受け取り方は違うけれど、楽になったという人は結構いると思いますよ。心の霧が晴れたといいましょうか。それが第一歩ですから。
くまこさんの前向きな姿勢がお子さんの実になっていると思いますよ。
私も子供が大きくなればまた新しい問題がでて、まだまだ勉強が足りんです。一生生きてる間、ずっと勉強です。
ま、ぼちぼちいきましょう。
最近ブロ友で流行なのかな?診断話。(笑)

No title

もしかして、私以外にもブログに大量の相談者が来ているのかな。うちは生んだ翌日に「障害残りますよ~。っていうか助かるかビミョー。」って言われて「いつ違いが出るんだろう?」とビクビクするところから始まったけど、療育していく心構えは一緒なんだと思うわ。この記事読みながらPCに向かって一人「ウン、ウン」頷いちゃいました。(怪しい人?)
Secret

摂氏/華氏 温度変換器

料理や気温の変換にどうぞ♪

閲覧者のみなさまへ

ご訪問ありがとうございます。
=療育他の掲載資料をAmazon.co.jp(日本版)、Amazon.com(アメリカ)で記事から直接購入できます。是非ご利用ください!=

ブロとも申請フォーム

プロフィール

Sandie Go

Author:Sandie Go
<Go一家>
渡米11年。USACA州在住。
<家族>
母:Sandie(筆者)
基本は専業主婦、時々フリーランスライター。自閉症児育児歴、16年。
父:Mandy
酒と本がないと生きていけない、自閉研究者。最近の趣味は子供と始めたバイオリンとゴルフ。
子供:K(男)
重度自閉症。16歳
子供:E(女)
高機能自閉症。10歳

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

クリックお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 FC2写真ブログランキング ↓↓義援金バナー貼りました。ご協力よろしくお願いします。 FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集 一日1回クリックするだけで寄付金が加算されるサイトです。 ホスピタリティクリック募金

リンクさせてください

いつもご訪問&コメントありがとうございます♪

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

更新で植林♪

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。