スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

問題行動対処法(3)トークンシステム

問題行動対処法(2)で触れたタイムアウト
実は重度自閉症児には効かないことが多い。
彼らは
「タイムアウト!」
といわれただけで、パニックに陥る。11

そういう場合は肯定的対処法を用いる。

トークンシステム
E_DanceSocialStory
目標を掲げ、

それが出来たらステッカー、
E_DanceToken
そしてステッカーがたまったら、

ご褒美がもらえる。

ステッカーが発展すると、
トークンという貨幣の象徴になり、
果てはお金(小遣い)となる。61

お金は労働によって得られるもの。106
障害児が大人になったとき、就労する喜びがわかるために、
それを小さいときから身につけさせる。

が学校で使っているスケジュールも
BehaviorChartGood BehaviorChartBad
(詳細はコチラ
このシステムの一つだが、減点法も用いられている。
減点法は、
もし目標が達成されなかったら
今までのトークンを1つずつ取るか、Xが付けられて一定期間後の報酬がもらえなくなる。
この方法は重度障害児や小さい子供には辛いのでオススメしない。目標が達成できたら一つずつ増やしていく肯定的な方法のほうがよいだろう。
でもは高機能だし、大きくなったのだから、社会の仕組みを覚えてもらわないと。
クラスにはトークンチャートがあり、よい日には290が貼られて5日分。
金曜日の終わりに行動成績発表がある。339
仕事でいう業務成績みたいなもの。
Xマーク2つまでは許されるが、
Xマークが3つ着いたらご褒美はもらえない。

ご褒美がもらえなかった金曜日は、大荒れ。412
でも出来なかったんだから仕方ない。
来週、頑張ってください。

お母さん、ランキング、
来週、頑張ってください。
引き続きクリックよろしく。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

comment

No title

うちのガッコもトークンシステム使ってるよ。
家でも時々使うけど・・・。ジョーイが「これはガッコでのシステム」と思っているらしくて、家で使うと暴れる。
確かに自閉症児にタイムアウトは効かないねえ。ジョーイなんぞ、一人でじっとしているの大好きだもんね。

怪人さん、

お早いコメントありがとうございます。
Eのバス来た間に入ってたよ。(爆)
志向を変えてみるといいかも。大好きなキャラクターにするとか。
うちはハローキティとプリンセスのステッカー♪

No title

 待ってました!トークンシステムの解説。そしてこんなとこでご相談してもよろしいでしょうか?うちでのトークンシステムが崩壊してます。間違ってると事かあればご指摘頂けると助かります。
 やっぱり目標を明文化するのが大事?今は口頭で約束してるだけです。ハルの登園拒否とヒロの「ランドセル背負うの拒否」に使おうとしてるんだけど、朝の登園・ランドセルに対して、夕方帰宅してからスティッカーだと遅すぎるのか、いまいち食い付いてくれません。SDの学校ではセラピーでも教室でも偉大な効果を発揮していたけど、家でやるとどうも効かないのはなぜなのでしょう?ちなみにスティッカー5枚で100円ショップでおもちゃゲットというルールにしており、ハルは毎朝おもちゃが欲しいと泣いてます。登園で泣き、おもちゃが欲しいと泣き、逆になだめるのが大変になったと言う噂も…。ヒロはスティッカーなんて関係ないという感じでランドセル背負いたくないと毎朝暴れ、連続遅刻です。母は疲労で四十肩になり首が動かせなくなりました。良いお知恵をがあったら拝借させてください。

gakiさん、

おー、崩壊してますなあ。(爆)
まず、ルールを文章化して明示。長くなければステッカーの上にその目標を書く。長いことならば記事のように別紙に。そしてステッカーチャートと一緒に毎朝見せて。
朝の約束事を夕方の褒美では忘れるでしょう。朝ランドセルを背負わせた後、チャートとステッカーを持参して、学校の前でステッカーを貼らせる。もしくは集団登校ならば、集合所までいったら貼らせる。それで1週間(5日間)できたら褒美でしょう。
最初から5日間は子供も飛びつかないから、
まず一日登校/下校の短いトークンにする。その1セットで小さい褒美。それを段々何日かに伸ばしていって、最終的に5日の単位に持っていく。軌道に乗るには数週間から1ヶ月ぐらいかかるでしょう。そして2週間、3週間、1ヶ月と単位を長くしていくのが理想。
ガンバ~!

No title

トークンシステムは子供達が小学校の時に使っていた先生がいらっしゃいました。自閉症にも効果があるのですか。
この前の記事、色々と思うことがありました。娘はパニック障害があって1999年から10年目ですが、飛行機に乗れなくなっています。 それで時々自信喪失になって欝にもおちいります。私も娘に自信が持てるように言葉を選んで言うようになりました。

Chiblitsさん、

コメントありがとうございます。
トークンシステムは自閉症や発達障害の訓練でもよく使う手法です。最終的には障害者の将来の自立のために就業意欲をつけさせる訓練の一つだと思います。
そうですか。人間、いろいろありますね。ある人が「完全な人間はいない」といっていました。本当にそうだと思います。誰でも苦手なもの、出来ないことはあると思います。それをどう上手く自分の中で折り合いをつけてつき合っていけるかだと思います。うちのKも物心つきはじめたときから飛行機恐怖症です。だから日本には9年近く帰っていません。Eも恐怖を感じる物がとても多いです。微小ながらこれから専門家に教えてもらうことを記していこうと思います。

No title

そんなリッパなものじゃなかったけど、
「〇〇ができたらシールを1枚」は子ども皆にやりましたね。
障がいがある、ないに関わらず。

でも・・・ご褒美がなかった。
長続きしないはずだよねv-390


No title

うちなんて未だにこのステッカーで、10個集まったらご褒美。
この方が効率がよかったけど、最近は2人とも怠慢だなぁ・・・。

yuyuhayaさん、

最初はステッカー貼ってもらうだけで喜ぶんだけどね。そのうち子供はそれでは飽きるわけで、褒美を。で、また褒美も飽きるので、物を変え、品を変え、そのうち大きくなったらトークン獲得で、何枚かたまったら品物に変えられるようにし、最終的にはお金と交換。
家のお手伝いしたらお小遣いも同じメソッドだと思う。

reeさん、

そうですね。
もうお子さんも大きくなったから、トークンかお金と交換のほうが子供も意欲が湧くと思います。

No title

やっと、コメントにたどり着いたよ!!今日から実家に帰るのでなんとしても・・と

この方法。トークンシステムって言うのか(汗)
私結構いろんなこと知らないなぁ。と痛感。
でも、このシステム。幼稚園の頃からよく使ってたよ!!
もうね。これのおかげでどれだけのことが出来るようになったか(笑)

手を替え品を替え、使った方法だよ。一番やりやすいのかも。うちの息子に・・・。
これ学校でも使えるかな。この間アドバイスもらった件で。

しかも、これに使ったので、家にあったウルトラマンやら戦隊やらのシールをあちこちに貼られなくてすんだし、
うちは結構長いスパンでやってたよ。1ヶ月とか、枠15個以上とか・・・。
息子。私より我慢強いのはこれのおかげ?(爆)
この記事読んで まだまだ使えそうな気がしてきた。がはは。

リトルガルさん、

お疲れ~。
なんかこの記事質問多くてね。また第2弾やるわ。
これ学校でも使えるよ。息子さん好きなら是非提案してみて!
Secret

摂氏/華氏 温度変換器

料理や気温の変換にどうぞ♪

閲覧者のみなさまへ

ご訪問ありがとうございます。
=療育他の掲載資料をAmazon.co.jp(日本版)、Amazon.com(アメリカ)で記事から直接購入できます。是非ご利用ください!=

ブロとも申請フォーム

プロフィール

Sandie Go

Author:Sandie Go
<Go一家>
渡米11年。USACA州在住。
<家族>
母:Sandie(筆者)
基本は専業主婦、時々フリーランスライター。自閉症児育児歴、16年。
父:Mandy
酒と本がないと生きていけない、自閉研究者。最近の趣味は子供と始めたバイオリンとゴルフ。
子供:K(男)
重度自閉症。16歳
子供:E(女)
高機能自閉症。10歳

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

クリックお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 FC2写真ブログランキング ↓↓義援金バナー貼りました。ご協力よろしくお願いします。 FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集 一日1回クリックするだけで寄付金が加算されるサイトです。 ホスピタリティクリック募金

リンクさせてください

いつもご訪問&コメントありがとうございます♪

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

更新で植林♪

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。