スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自閉症児の自立-Transition Planning

自閉症児の自立-Transition Planning
学校区の講座のサマリーです。

ーTransition Planningは生徒と保護者が協力して行う。
ー自閉症者の就業は正社員で6%、高機能アスペルガーで12%という厳しい現実である。(2001年UK)
ー自閉症者の就業を困難にしているのは、
*Social Skills社会性
*Communication人とのコミュニケーション
*Behavior問題行動

ー自閉症者がSocial Skills社会性、Problem Solving問題解決、Coping strategies協調性を身につけるのが就業や自立への鍵である。
ー自立への訓練は小学校から取り組み始めても決して早くはなく、少なくとも14歳には考慮すべきである。

<小学校期>ー認知と技術の構築
自分の回りの職業を知る。
ごっこ遊びなどで職業体験をさせる。
社会性を身につけるために、
会話の技術習得、(無言語の場合はサイン、ジェスチャー、AACデバイスなどの使用)
人の認識と許容、
空間と境界の認識、
自己の問題解決方法
他人との関わり方
質問に注意し受け答えができる
~などを習得する。

<中学校期>探求と個人の形成
個人の人生設計を模索しはじめる。
1.コミュニティーに存在し、どう貢献できるか。
2.回りとのリレーションシップを増やし深める。
3.自分表現の表出
4.職業意識を持つ
5.個人能力の促進
以下の項目に対して自立計画を立て始める。
1.就業にどんな訓練が必要か
2.就業希望、計画
3.就業のために卒業後の教育が必要か?(大学、職業訓練など)
4.コミュニティーへの参加
5.就業、居住、収入、医療、教育などのサポートのリサーチ

<高校期>卒業後の自立の準備
IEP(個人就学要項)が終了し学校区の補助が終了するのは、
High School Diploma(高校修了証書)を取得できる者は18歳、
出来ない者は22歳まで。
その後はRegional Center(CA州の場合)などの機関が自立をサポートする。
以下の項目について考慮し、人生設計を行う。
1.卒業資格、単位
2.CAHSEE大学入学資格の有無
3.資格を取る準備
4.就職活動の準備(書類記入など)
5.就職相談
6.職業訓練経験を増やす
7.自立計画
8.環境変化(訓練)の強化
9.職場に適応するかの検査
10.Transition Plan(自立の最終計画)

障害者の就学、就労やサービスは以下の法律によって守られている。
ADA(Americans with Disabilities Act)
IDEA(Individuals with Disabilities Education Act)
Rehabilitation Act Sec.504

<卒業後>
就職のための資格、キャリアの確立
就業形態の比較(フルタイム/パートタイムなど)
就職、就業のためのサポートの継続
就業のための援助(エイドによる監視や援助、セラピーなど)


詳細は、こちらの記事もご覧下さい。(障害児大人への準備

↓たくさんの人に療育を知ってもらいたいと思っています;みんなでクリックしてね♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

comment

No title

親としては出来るだけ自立出来る事を願うだろうけど、心配でもあるよね~。

今年で高等部卒業

高校3年は早いよ~と言われていた通り・・時間がはやすぎて驚いています。
もう1回 小学校からスタートしたいくらい・・時間を巻き戻したい~~と騒いでも・・何とも成りません・・・。
足をけがしたら、なんだか もんもんと考えていたことも ぷつっつと切れて・・・息子のまこちゃん時間を まったりと考える事ができるようになりました。
とはいっても・・ 学校の高3全体が焦りモードに突入する2学期なので、流されないように考えていかなくちゃ・・と思っています。

障害者の就労に関しては 諸外国から「日本の障害者雇用の現場~会社を見学する」件数が多いと聞きましたよ。
先進国でも 障害者の就職に関する制度も雇用する会社もまだまだ少ないからのようです。日本独特のシステムが注目されているようですが、実際は いろんな問題もあるし・・
こどもに合う会社にであえるまでにはいろんな課題があるようです。

切実な課題

興味深い話題です。
トランジションIEPは確か少し前まで14歳くらいから始められましたが、最近は16歳と年齢が引き上がったと学校で言われました。

Mの自立支援(大学進学の方向で考えてますが)も早めに始めたいと思い、学校側に話したときの回答でした。

それでも15歳になれば動き始められるなと思っています。

親が生活にいっぱいいっぱいな我が家なので、自立はものすごく大切です。

それにしても、正社員雇用率、低いですね。。。
まあ、今のアメリカは定型でも厳しいですからしかたがないのかもしれませんが。

これからもお邪魔しますね!

皆様、

v-209
一応Kの今年のIEPにはトランジッションのページが追加されています。まだ形式だけですけどね。
Secret

摂氏/華氏 温度変換器

料理や気温の変換にどうぞ♪

閲覧者のみなさまへ

ご訪問ありがとうございます。
=療育他の掲載資料をAmazon.co.jp(日本版)、Amazon.com(アメリカ)で記事から直接購入できます。是非ご利用ください!=

ブロとも申請フォーム

プロフィール

Sandie Go

Author:Sandie Go
<Go一家>
渡米11年。USACA州在住。
<家族>
母:Sandie(筆者)
基本は専業主婦、時々フリーランスライター。自閉症児育児歴、16年。
父:Mandy
酒と本がないと生きていけない、自閉研究者。最近の趣味は子供と始めたバイオリンとゴルフ。
子供:K(男)
重度自閉症。16歳
子供:E(女)
高機能自閉症。10歳

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

クリックお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 FC2写真ブログランキング ↓↓義援金バナー貼りました。ご協力よろしくお願いします。 FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集 一日1回クリックするだけで寄付金が加算されるサイトです。 ホスピタリティクリック募金

リンクさせてください

いつもご訪問&コメントありがとうございます♪

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

更新で植林♪

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。