スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

市民への路(4)宣誓式

面接試験が終わったあと、宣誓式の通知が来た。
Oath Ceremony宣誓式を受けないとNaturalization Certificate帰化証明書はいただけない。
書類の発行日は10日前、受け取った本日からは1週間後である。
偉い急だなあー!
そして、朝8時集合。
なんでこんな朝早いのよ~?
当日朝、それが明らかにー!

集合の30分弱前、会場にいってみると、
長蛇の列が建物を取り巻いていた!
その列に対し、証明書を入れるファイルを販売しているメキシカンの業者がいる。(←違法)
その日は幸い晴天だったが、今年、こちらの2月は冷冬だった。
寒くて外で待たされるのは非常に辛い。いつ会場できるのか?
USCISのタグを付けた係員が整理に出ている。
口々に「晴れの日なんだから笑え」という。
こんな寒空でずっと待たされてるのに笑えるかーっ!!

なんと当日の参加者は600名弱!(欠席者があったため。定員は600名)
それを確認して会場に入れるだけでも1時間あまりかかった。(汗)
書類にはまたtravel documentsを持参と書いてあったが、
係員は、グリーンカードと書類Notice of Actionの確認をするだけで精一杯だった。
(もちろん持参するに超したことはないが)
書類の裏には面接後の不正や処罰がなかったかを問う質問項目がある。
それに答えてサインをし提出し、グリーンカードが没収されるのだが、
列に並んでいたときから係員が記入しろといっていたのに、
記入してない人はいるし、(ため息)
の列の前には
さらにそこにYesを数カ所書き入れてしまったインド人のおばあちゃん...。
係員が説明するが、英語がよくわからない様子。
おーい、こんな人、誰が試験通らせたんかねえ?
あ、シニアは試験免除か。(汗)
だから、こういう質問でYesがあるのはまずいんだってー!!
(本当に処罰があった人は証明と一緒に提出しなければいけません、念のため)
そのおばあちゃんに係員、なんとかイニシャルを入れて書き直させて
無事に600人弱を会場に収容。

実は宣誓式、カメラ持ち込み可能だった。(確かに明記はなかったが)
、持って来なかったので、拝借映像でー


しかし、こちらの場合ー、
9時を大幅に過ぎても式典が始まる兆候なし。
司会のUSCISのスタッフが、2階席に回っている。
参加者の家族や同行が見学にきているのだ。
入り口で参加者と見学者は分けられて、2階席に回される。
で、その人たちにインタビュー。で、その名前が呼ばれると、参加者が立って手を振る。
式典気分を盛り上げるが、いい加減数十名も聞かされるとこちらも首を回すのに疲れてきた。
どんどんマイクに立ちたい人が群がって来て、司会も収集がつかなくなっている。(笑)
なんでこんなことをやって時間を稼いでいるかというと、
式典をとりもつ州裁判官庁長官がまだ現れないのだ。(司会本人が暴露)

ようやく長官が登場、10時すぎに式典開始。
上の映像のような行程を経て式典が進む。
Oath宣誓が終われば晴れてアメリカ市民となる。
祝辞で、当日の参加者は77カ国からの申請だったという。
そのときはエジプト紛争と独立の直後ということで、エジプトからの申請者がインタビューを受けていた。
彼らは母国の自由を歓迎していた。
そして裁判官はいう。
「メルティングポット、USAへようこそ。
我が国は多国籍の人民でなりたっており、
これからもあなたの祖国の見識と経験が我が国に必要です。
あなたの意見をどうぞ我が国に反映させてください。」
いいこというじゃない。
でもこれは、陪審員参加の義務も意味しているんだな、
裁判官の祝辞なだけに。(苦笑)

1時間あまりの式典がようやく終わり、
また列にならんで証書を受け取る。
はあー、もう列に並ぶのは疲れたよ~。
結局午前中3時間以上をこの式典に費やした。

ということで
申請からちょうど3ヶ月後、めでたく(?)市民になったが、
しかし肝心なのはの市民権である。
続く。

↓たくさんの人に療育を知ってもらいたいと思っています↓みんなでクリックしてね♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : アメリカ生活
genre : 海外情報

comment

No title

お疲れ様。
そんなに長くかかったの?
次回はKくんのについて、なのね。
こちらも興味深し。
Secret

摂氏/華氏 温度変換器

料理や気温の変換にどうぞ♪

閲覧者のみなさまへ

ご訪問ありがとうございます。
=療育他の掲載資料をAmazon.co.jp(日本版)、Amazon.com(アメリカ)で記事から直接購入できます。是非ご利用ください!=

ブロとも申請フォーム

プロフィール

Sandie Go

Author:Sandie Go
<Go一家>
渡米11年。USACA州在住。
<家族>
母:Sandie(筆者)
基本は専業主婦、時々フリーランスライター。自閉症児育児歴、16年。
父:Mandy
酒と本がないと生きていけない、自閉研究者。最近の趣味は子供と始めたバイオリンとゴルフ。
子供:K(男)
重度自閉症。16歳
子供:E(女)
高機能自閉症。10歳

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

クリックお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 FC2写真ブログランキング ↓↓義援金バナー貼りました。ご協力よろしくお願いします。 FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集 一日1回クリックするだけで寄付金が加算されるサイトです。 ホスピタリティクリック募金

リンクさせてください

いつもご訪問&コメントありがとうございます♪

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

更新で植林♪

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。