スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

P.E.T.(Parent Effectiveness Training)(1) Behavior Window

地元の心理学者Dr. Thomas Gordonの提唱する
P.E.T. (Parent Effectiveness Training)


この本を元に、親が子供にどう対処するべきかを教える
8回シリーズのセミナー
その一部をご紹介。

Parentingー親子関係構築に関するセミナーは数あれど、
母がこれを選択したのは、
精神科の心理学者が指導するセミナーだったから。
心理学者が精神症状のある子供達にどう対処していくかを知りたかったのだ。

第1回目:Behavior Window
=問題の価値を知る=
問題とは、対処する人に『時間』、『エネルギー』、『お金』をかけさせること。
私たち親子が日々対面する問題と呼ばれる事柄を
この方法では、Behavior Window(行動の窓枠)と称して、
種類分けすると
以下に区分される。


1.子供が負担する問題
2.子供/親とも問題なし

ーーーー許容の境界線ーーーー

3.親が負担する問題
4.子供/親とも負担する問題



1.子供が負担する問題
2.子供/親とも問題なし

以上は親が許容できる行動である。


3.親が負担する問題
4.子供/親とも負担する問題

これらは許容してはいけない問題、対処しなければならない問題である。

ー1~4の事柄の例ー
子供が明日のテストが非常に心配だと言う。(1.子供が負担する問題
子供が宿題の質問をしてくる。(2.子供/親とも問題なし
子供が食べこぼしをして片付けない。(3.親が負担する問題
子供は今晩Aレストランに行きたいが、親はBレストランに行きたい。(4.子供/親とも負担する問題

許容範囲が狭い親と許容範囲の広い親、どちらが反抗的な子供には受け入れられやすいのか?
日常で起こる問題の中で、許容の境界線を持つこと。
許容の境界は、その事象が親や子供にとって安全/危険であるかをまず考える。
それを踏まえて許容できる行動の枠を増やすことが親子関係をよりよくする。

1.子供が負担する問題←子供を効果的に援助する方法
3.親が負担する問題←親が困難に立ち向かう方法
4.子供/親とも負担する問題←衝突を解消する方法
以上を親が身につけなければならない。

詳細は
教本のChapter1,2

を参照ください。

~第2回:Active Listeningに続く~

↓たくさんの人に療育を知ってもらいたいと思っています↓みんなでクリックしてね♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

comment

No title

例えが分かりやすかったわ~。
続きも楽しみにしてます。

皆様、

v-209
ここでは紹介しきれないので、是非本を読んでみて下さい。このメソッドは健常児向けのものですが、障害児にも使える手法です。
Secret

摂氏/華氏 温度変換器

料理や気温の変換にどうぞ♪

閲覧者のみなさまへ

ご訪問ありがとうございます。
=療育他の掲載資料をAmazon.co.jp(日本版)、Amazon.com(アメリカ)で記事から直接購入できます。是非ご利用ください!=

ブロとも申請フォーム

プロフィール

Sandie Go

Author:Sandie Go
<Go一家>
渡米11年。USACA州在住。
<家族>
母:Sandie(筆者)
基本は専業主婦、時々フリーランスライター。自閉症児育児歴、16年。
父:Mandy
酒と本がないと生きていけない、自閉研究者。最近の趣味は子供と始めたバイオリンとゴルフ。
子供:K(男)
重度自閉症。16歳
子供:E(女)
高機能自閉症。10歳

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

クリックお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 FC2写真ブログランキング ↓↓義援金バナー貼りました。ご協力よろしくお願いします。 FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集 一日1回クリックするだけで寄付金が加算されるサイトです。 ホスピタリティクリック募金

リンクさせてください

いつもご訪問&コメントありがとうございます♪

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

更新で植林♪

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。