スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

TVシリーズ;ADHDの子供と薬投与

=Break News続報=
CA州の皆様、Regional Centerなどを含むDDS(Department of Disabled Services)への州のバジェットカット案の詳細が発表されました。
内容はmore...続きを読むに添付。(英語)
レシピット全面廃止!?
本当にしゃれにならんです。

まだ未回答の方は、以下のアンケートに2月15日より前までにご返答ください。
DDS Survey
あわせて返答例をmore...続きを読むに添付しておきます。

そして語学力に自信のあるあなたならば、
さらに議員にDDSサービスの必要性と削減阻止を電話で訴えて下さい。
お住まいのエリアの議員はこちらから検索できます。
Your Legislature

私たち障害者とその家族はこの近年、度重なるバジェットカットに泣かされています。
障害者とその保護者の声でこれ以上のバジェットカットを阻止しましょう。ご協力お願いします。



こちらのTVシリーズで
子供のADHDの診断と薬投与のドキュメンタリーを放映しています。
詳細は以下のサイトからご覧になれます。(英語)
PBS Frontline Medicating Kids


こちらではADHDと診断された子供は大方が
問題行動や集中力/学力を改善するために精神科から薬を薦められ投与に至ります。
このシリーズは、何人かの子供とその親、関連の教師、医師などを取材し、
子供と薬投与のあり方を問うドキュメンタリーになっています。
学校や行政と薬投与の関係、子供への過剰投与を訴える議員、薬業者と医師やメンタルヘルス関係団体との癒着、子供への薬投与を反対する団体
そんな子供達を取り巻く環境はさまざまです。
その子供の家族の反応もさまざま。
薬を使うことによって子供の状態がよくなったと評する親、薬によって自傷行為の副作用が出てしまったティーン、一度は薬の中断を試みたがまた投与に戻った子供、増える薬の種類と量に戸惑う本人と家族、自分の意志で薬をやめたハイティーン。
片親が始終付き添い教育することによって薬の投与を踏みとどめている幼児の親。

このシリーズが端々に言っているのは、
薬の効果は実際には分からない。しかし最終的には薬の投与は親の判断だということ。
ある親の言葉。
「もし子供に薬を使わなくてすむならば、使いたくはなかった。しかし使わざるを得なかった」のだと。

↓たくさんの人に療育を知ってもらいたいと思っています↓みんなでクリックしてね♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村



How big of a cut is being proposed and what could it mean to me?


The Governor intends to cut $750 million dollars out of the Department of Developmental Services (DDS) budget; these are state general fund dollars. If these funds are cut, California will also lose federal matching dollars that are also used to pay for services purchased by Regional Centers. The total loss of money for services will amount to over $1 billion. This is more than ¼ of the total funds currently used to pay for community services.

To show you how large of a cut this really is, here are some theoretical examples of how funds could be cut and how much would be saved:

* Eliminate 100% of all work activity and Supported Employment Services. Expected savings: $143 million.
* Eliminate 100% all Transportation Services. Expected savings: $228 million.
* Eliminate 100% of all Respite Services. Expected savings: $316 million.
* Eliminate 63% of all Group Homes. Expected savings: $533 million.
* Eliminate 68% of all Day Programs. Expected savings: $533 million.
* Eliminate 100% of all Supported Living Services. Expected savings: $250 million.
* Eliminate 48,000 people from the system who are currently receiving services. Expected savings: $750 million.

You can see that the size of this cut is devastating; it is simply not sustainable. Community services will disappear. People with developmental disabilities will lose the services they need. Children, adults and families will be harmed. Local non-profit agencies that provide services, many that were in existence decades before Regional Centers were created, will be destroyed, never to be replaced. Read on...

=DDS Survey=
We are hoping before February 15th, you would consider participating in an online survey by the Department of Developmental Services website. As you may be aware, the Governor has proposed the largest cuts to regional center services ever considered, and they are trying to figure out what parents and providers feel is most essential in terms of services provided. They are only putting up this survey for two weeks, which suggests they are not really expecting a lot of response - not sure what that strategy means, but we need to make sure we DO respond.

If you want the state to honor the promise of The Lanterman Act, you know that the Individual Program Plan (IPP) is the very heart of the law. The IPP is your promise that each person's needs and services will be determined on an individual basis.

DDS is now proposing Statewide Purchase of Service (POS) Standards. These "standards" sound like something good, but they destroy the promise of The Lanterman Act. POS Standards are actually POS LIMITS. They are state imposed arbitrary limits on services for every person, regardless of their needs or individual circumstances. POS Standards are arbitrary rationing of services, decided at the state level, by people who have never met your family member.

DDS says that these POS Standards will "preserve the entitlement established in The Lanterman Act." This is not true. They say it because they put a note on each POS Standard document that says exceptions can be made. But everyone knows that exceptions are almost impossible to get.

Statewide POS Standards will KILL the promise of The Lanterman Act. If you want to stop this, we suggest you answer the DDS Survey something like this:

Question #1: Suggested service standards about who should receive these services:
Answer: Those individuals whose Individual Program Plan (IPP) team has identified a need for these services, as described in The Lanterman Act Section 4646 (a) - (d).

Question #2: Suggested service standards about how often a specific service should be provided:
Answer: As often as the IPP team determines is necessary, as described in The Lanterman Act Section 4646.5 (a) (4).

Question #3: Suggested service standards about how to make sure the services provided are useful and effective:
Answer: Usefulness and effectiveness of services should be determined by the IPP Team at every IPP meeting, as described in The Lanterman Act Section 4646.5 (a) (6).

Question #4: Suggested service standards about the qualifications and performance of the person or organization that provides these services:
Answer: Services should be provided only by persons or organization that are properly vendorized as described in The Lanterman Act Section 4648 (a) (3) (A).

Question #5: Suggested service standards about the payment for these services:
Answer: The Lanterman Act, in Sections 4648 (a) (5) and 4690 requires the Director of the Department of Developmental Services to develop and maintain equitable processes for setting rates to assure that Regional Centers can secure high quality services for persons with developmental disabilities. The Director should comply with these laws.

Question #6: Suggested service standards about the responsibility of parents and consumers for these services, e.g., co-payment, time commitment, etc.
Answer: The State of California has accepted a responsibility for persons with developmental disabilities and an obligation to them which it must discharge. (The Lanterman Act Section 4501). The state does not ask parents and students for co-pays in California's pubic schools and the same logic applies here.

Question #7: Suggested service standards about self-directed or self-determination options for these services:
This question cannot be answered until California has a clearly defined mechanism for implementing self-directed or self-determination options.

Survey in English:
http://www.dds.ca.gov/survey/
Survey in Spanish:
http://www.dds.ca.gov/survey/Spanish.cfm

PLEASE TAKE THE TIME TO PARTICIPATE IN THIS SURVEY TO HELP KEEP SERVICES FOR OUR CHILDREN AND ADULTS WITH DISABILITIES!!!
スポンサーサイト

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

comment

No title

私も子供への薬の投与ってどうなの?って思った方。
うちの場合、一瞬意識が途切れてたから、その一瞬に何かあったら・・・と心配だったの。
でも薬の投与を始めたらそれもなくなり、今だからこそ反抗期による癇癪はあっても、それ以外の癇癪はなくなったから、投与して結果的にはよかったと思う。
もっとも薬の種類は違うけど・・・。
ただ、将来的に投与が不要になればいいな、とは思ってる。

No title

バジェットカット、マジでしゃれにならんです。
テキストコピペで拡散させて頂きます。
チューター時代も身にしみて予算カットを経験しましたが、私の場合仕事の存続にも関わってきたりして…。
阻止しましょう!

日本でも・・・

日本でも、最近ADHDの子供に薬を飲ませるのはメジャーになっていると思う。よく話を聞きます。
ただ、やはり投与に至るまでの医療機関の診断が、時間かかったりそれぞれ言うことが違ったりして、親も悩まされているようです。
治療・療育方針を決めるためにも、早い段階で気軽に相談できる専門機関が身近にあればいいのにな~と思います。

皆様、

v-209
癲癇もこのあたりのメンタルヘルスに使う薬も同じように脳神経に作用する薬ですが、処方(分量)が違います。癲癇の場合、生命に関わることだからやはり薬は不可欠でしょう。処方もメンタルヘルスに比べて微量ですし。
ADHDほかメンタルヘルスの症状はBehavior(問題行動)をターゲットにして処方する場合が多いのですが、個人的には薬だけでは問題行動は解決しない、行動療法を併用していかないと根本的な問題行動の解決にはならないと思っています。
こちらのADHDの診断は精神科医から出されるので、精神科は薬を処方する医者だから薬を出される流れになりますね。こちらの精神科の中には心理学者も併設しセラピーも併用していくところもあるのですが、それが全ての病院ではないです。
うちの子供は診断名は自閉症から発生しているので、行動療法をまず与える流れになったのは幸いだったと思っています。ある知人の子は最終的にアスペルガーの診断名が出たのですが、その前にメンタルヘルスの診断を受けて精神科を受診していたので、ありとあらゆる薬を試し、それでも問題行動が収まらなくて自宅養育が出来なくなったという方もおられます。各々子供の特性にもよるのですが、薬を使うのも使わずに療育するのもどちらも親にとっては試練ですね。
うちは幸い状態が落ち着いてきたので、薬を使わずに行動療法でどこまでできるのか頑張ってみようと思っています。メンタルヘルスのセラピーも受け始めたのでまたその記事も後日。
Secret

摂氏/華氏 温度変換器

料理や気温の変換にどうぞ♪

閲覧者のみなさまへ

ご訪問ありがとうございます。
=療育他の掲載資料をAmazon.co.jp(日本版)、Amazon.com(アメリカ)で記事から直接購入できます。是非ご利用ください!=

ブロとも申請フォーム

プロフィール

Sandie Go

Author:Sandie Go
<Go一家>
渡米11年。USACA州在住。
<家族>
母:Sandie(筆者)
基本は専業主婦、時々フリーランスライター。自閉症児育児歴、16年。
父:Mandy
酒と本がないと生きていけない、自閉研究者。最近の趣味は子供と始めたバイオリンとゴルフ。
子供:K(男)
重度自閉症。16歳
子供:E(女)
高機能自閉症。10歳

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

クリックお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 FC2写真ブログランキング ↓↓義援金バナー貼りました。ご協力よろしくお願いします。 FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集 一日1回クリックするだけで寄付金が加算されるサイトです。 ホスピタリティクリック募金

リンクさせてください

いつもご訪問&コメントありがとうございます♪

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

更新で植林♪

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。