スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サイエンスナイト

Kの中学の新学年初めのオープンハウス。
オープンハウスは普段学校で生徒がどんな授業を受けているのか、保護者が先生と教室を訪問して交流をするイベントである。
こちらの中学は普通は科目ごとに先生と教室が違うから、(生徒がそのクラスに毎時間移動する)保護者はオープンハウスで沢山の教室を巡ることになるのだが、は特殊学級付けだからその教室にいき担任と話をすることになる。

今年度になって、オーケストラの指導教員が変わった。
昨年弱小オーケストラを立ち上げたG先生は自閉症キャンプにも関わったこともあり、をうまくメンバーに導いて成功させていた。
G先生は兼任していた近隣高校の専任教師になった関係で、他の先生が教えることになったのだ。
は毎日オーケストラの授業を楽しんでいるようだが、今度の先生との相性はどうなのだろう?
実は、音楽理論を教えることを強化している今度の先生のやり方にはあまりなびいていないようだ。
不満で癇癪を起こすこともあるという。
それを隣の同じ2ndバイオリンの子が「まあ、まあ、落ち着いて」といって収めてくれているのだという。
この年齢での状況を見てうまく対処してくれている生徒がいるというのが驚きである。
前の演奏ビデオをみるとわかると思うが、に座る指示などをしてくれていた子である。
こちらでは、障害児の援助をするために一般生徒の適性を見込んで、Peer Buddyを指定する。
前のG先生は彼のそんな適任も見込んでのポジションを決めていたのか?そんな前先生のはからいにも感謝である。

しばらく担任と話し込んでいると、手招きして呼ぶおばさま(先生)がいる。
隣の部屋はコンピュータールームだ。
はそこで簡単な教育コンピューターゲームをしたり、読み書きを習っているのだという。
この授業は、コンピューターという1科目として数えられており、オーケストラと同様、普通授業の一環である。
、コンピューターをさせてもらう。
の名前を書いてもらったコンピューターに座り、
は普段使っているゲームは簡単な先生の指導をしてもらえば立ち上げられるようになっていた。
ぶりぶり注文するにも静かに言葉をやりとりしながらコンピューター操作を教えている。
「私、昨年まで小学校の特殊学級の先生をしていましたのよ、オホホ。」
(訳するとこんな感じですのよ、オホホ)
なるほど。恐れ入りました。


さて、カフェテリアでは、特別イベントが行われていた。
町のサイエンスセンターが主催した科学体験イベント。
閉館時間近かったので少ししか体験できなかったが、ご紹介。

K_ScienceNight2 『セルモデル』コーナー?
K_ScienceNight3 ジブロックバッグにジェルをいれ、
K_ScienceNight4 手前のビーズや豆などを入れて、
K_ScienceNight5 
自分の作ったセルモデル(細胞の模型)の出来上がり♪←細胞にしては、でかすぎやろっ!(笑)

K_ScienceNight6 溶液の入った試験管に
K_ScienceNight7 
同じ色のM&Msをいくつかいれて、ふたをし、容器を振る。
K_ScienceNight8 紙を入れると、複数の色が浮き出てくる。
人工着色料は複数の色の原料を合わせて色が作られていることを学ぶ。

K_ScienceNight9 『プランクトン』?
コルクに爪楊枝で手前にあるスポンジや粘土などを刺し、水に入れると、
K_ScienceNight10
上手く水中でまっすぐバランスを保っているのが成功。(結構難しいです)
重さとバランスを学ぶコーナー。
はそんなこと分からないから、スポンジばかり刺しては水面に浮いてしまった。(笑)


なんとこのイベント、翌日、学校区のニュースに掲載されていた。
簡単にいえば、我が学校が、サイエンス、算数、テクノロジーに教育を提供されるグラントを当てたらしい。
その関連イベントだったのでした。
K_ScienceNight1(写真クリックでプログラム詳細英語に)
母:「ああ、校長先生~
↑違うやろっ

↓たくさんの人に療育を知ってもらいたいと思っています↓みんなでクリックしてね♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

comment

No title

岐阜市でも、時々「科学の祭典」なるイベントが科学館(名古屋市のより規模がもの凄く小さいけど一応あるのよ。)で行われます。
学校からお知らせプリントをもらってくると
「私行きたい~!」という娘。実験とか好きみたいだけど、
親の目から見ると、どんなにひいき目に見ても文系だと思うのよね。(笑)

No title

こんばんは。Peer Buddyといい、前記事のSensitive Trainingといい、いいなぁ~!と思いますね。日本の学校でも確実に発達障害の子供達はいるのに、具体的な対処がありません。特に普通学級の子供達への理解というか知識や対処の植え込みは大切ですね。いらぬ誤解やいじめにつながることもないと思います。

No title

へぇ、Buddyを決めてくれるんだ?
Buddyになった子、すごいね。
なかなか出来る事じゃないものね。

サイエンス、楽しそう~!
子供達ってこう言うの、好きよね。

No title

ただいま~
NYから昨日かえって来ました。
取り急ぎ報告まで。

皆様、

v-209
ようやく自分のブログにコメントが入れられるようになりました。
こういう子供達は、本当にありがたいです。彼らは障害者を援助することを誇りに思ってくれるといいですね。
実はオーケストラの演奏をYouTubeで公開していたら、メッセージが入りました。「私はこのオケの部員です。お友達になりましょう」
母、ぶっとびました。
Kはありえないけど、普通、中学生だったらYouTubeぐらい操作できるのか。毎日多々アップされる映像の中でこれが見つかってしまったのは(大汗)そしてお友達になりましょうといわれても、母だし(滝汗)ー参った。
Secret

摂氏/華氏 温度変換器

料理や気温の変換にどうぞ♪

閲覧者のみなさまへ

ご訪問ありがとうございます。
=療育他の掲載資料をAmazon.co.jp(日本版)、Amazon.com(アメリカ)で記事から直接購入できます。是非ご利用ください!=

ブロとも申請フォーム

プロフィール

Sandie Go

Author:Sandie Go
<Go一家>
渡米11年。USACA州在住。
<家族>
母:Sandie(筆者)
基本は専業主婦、時々フリーランスライター。自閉症児育児歴、16年。
父:Mandy
酒と本がないと生きていけない、自閉研究者。最近の趣味は子供と始めたバイオリンとゴルフ。
子供:K(男)
重度自閉症。16歳
子供:E(女)
高機能自閉症。10歳

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

クリックお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 FC2写真ブログランキング ↓↓義援金バナー貼りました。ご協力よろしくお願いします。 FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集 一日1回クリックするだけで寄付金が加算されるサイトです。 ホスピタリティクリック募金

リンクさせてください

いつもご訪問&コメントありがとうございます♪

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

更新で植林♪

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。