スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キレーションについて

自閉症児/者に対して独自の治療を行うDAN(Defeat Autism Now)という組織に属するドクター達がいる。(ドクターリスト

彼らは患者に対してBiomedical関連施術、予防接種の調整、GFCFダイエットや栄養指導などを行う。
Biomedicalについてどういうものがあるかはコチラなどを参照のこと。

その中でキレーションは最大の治療方法のひとつといわれる。
とある知人の体験談を。
Chelationキレーションは簡単にいうと、
自閉症を引き起こしている要因の一つとされている体内に蓄積した重金属をキレート剤で体外に排出させる治療方法。

DANドクターの指導の元でGFCFダイエットを続けていた当時8歳のAくんは、キレーションを薦められる。
8歳がキレーションを行う切れ間の年齢だそうだ。それ以上の年齢の子供のキレーションは体が大きくなるため治療が難しくなるという。
ドクターによると思うが、まずはGFCFダイエットを数年行ってからあわせてキレーションを始めていくというのがこのドクターの進め方のようだ。
まずは頭以外の体の部分の重金属を排出させるというキレート剤DMSAを投与して様子をみることにした。
ドクターや患者によって処方は違うが、Aくんは2時間ごとに薬(キレート剤)の飲用。それは寝ている深夜でも定期的に行わなければならない。なぜなら、薬を与える時間がずれると、体外排出される重金属が、排出されずに逆に体内に異常蓄積されてしまう危険性があるからだ。
その治療を始めて1年後あたりにAくんに会った。
Aくんは以前は無言語に近い子供だった。
Aくんは視線をあわせて話をしてくる。語彙も増えており、簡単な会話もできるようになっていた。
お母さんはGFCFダイエットでは変化が見られなかったが、このキレーションは効果をみることができたと言っていた。
実はキレーションの次の段階は脳内の重金属を排出するALAというキレート剤を使うという。
脳内の重金属を移動させるのは正確な投与、厳密な経過を行わないと危険を伴う。
AくんはDMSAだけで効果が見られたので、ALAは見合わせて治療を終了したという。

その1年後、再度Aくんに会った。
あれ?言葉があまり出て来ないなあ。
私的には、Aくん、能力が後退しているような気がする。
あの生き生きとしていたAくんはもう存在していなかった。

さて、この例をどう解釈するかはあなたにお任せする。

しかし、一つ伝えたいことがある。
以前、日本のニュース特集でキレーション剤をこちらから輸入し、自分で行っている親御さんがおられた。
キレート剤は使い方を間違えると重大な副作用を起こす劇薬である。
医師の指導の元で定期的な検査と経過を見ながら行ってもらいたい。

注:私はこの組織や施術の体験者ではなく、とある体験談の一例をご参考までにお伝えするだけです。
私的にもこの組織や治療を推奨するわけでも否定するわけでもありません。
そしてこの記事における責任は一切追いません。
この治療を行う場合は、ご自身で正確なリサーチを行い、医師の説明を受け、ご自身で納得して決定いただきたいと願います。

↓たくさんの人に療育を知ってもらいたいと思っています↓みんなでクリックしてね♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

comment

No title

一口に治療と言っても本当に様々な治療法があるのですね。

No title

寝てる間も2時間おきに、ってのは親御さんも大変だね~。

No title

キレーションは私もちょっと怖くて・・・
気軽に試せるようなものでもないですしね・・・。
Sandieさんのおっしゃるとおり、使用をきちんと管理できないと大変なことになりますもんね。

効果があったと聞いても、やっぱりうちの子に使用するという気にはあまりなれません・・・・。

No title

ジョーイはTD-DMPSという塗り薬タイプのキレーションを試しましたが、体に負担がかかるようで、毎週体調を崩すのでやめました。

No title

専門医の指導がなければ大変 危険を伴う~と私も聞きました。
食事の制限も・・我が家では 食べられるものがほとんど無い=極度の偏食=なので、導入は見送りました。

米国の友達で 足の裏に塗ってキレートする塗り薬があると聞いたのですが・・結局、他の家庭のお話を聞いて~導入しなかったと聞きました。

自閉症には特効薬がありませんから、みんないろんな情報を聞いて、安全かどうかを確認した上で=素人考えに偏らずに=専門医の指導のもとで導入しないと 危ないな~と感じています。

もっとも・・・子どもに何を与え、どんな療育、治療をするのかを最終的に判断するのは「親」だと思います。誰かに言われたからやったのに・・は やめてほしいものです。

No title

いつも読み逃げしております。
キレーションは、身近にも有効な”治療法”だと信じて、やっている方がいます。効果は…どうなんでしょう。周囲や児童デイの方の意見としては、変化はないんですが。
親しくお話しできる小児精神科医の方のお話では、一時的に効果が見られる人もいるそうですが、必須ミネラルも一緒に排出されてしまうので補う必要が出るんだそうです。最悪の場合には死に至る危険性もあるのだとか。ソレを聞いて、怖いと感じてしまっています。

No title

この治療法は「そらまめパパ」のブログで知りました。
やはり命にかかわる危険性も感じます。不安が拭えない限り、親の独断で行うのは躊躇がありますね。

皆様、

v-209
個人的にはこの話、小説『アルジャーノンに花束を』を彷彿させるところがあります...。
キレート剤自体には重金属を排出する効果はあるそうなのですが、それを実験段階と実際人体に使う場合、まったく同じ効用が出るとは限りません。自閉症の親御さん向けに研究結果を発表される専門家の方もよくおられるのですが、研究結果と人体臨床では内容が違ってくる可能性が高いということをふまえて視聴されたほうがいいと思います。
自閉症に対する治療法と言われるものは世間にごまんとあります。特に診断まもない親御さんは多量の情報に飲み込まれてしまう傾向が高いのですが、自らの納得と判断で決断して欲しいと思いますね。
Secret

摂氏/華氏 温度変換器

料理や気温の変換にどうぞ♪

閲覧者のみなさまへ

ご訪問ありがとうございます。
=療育他の掲載資料をAmazon.co.jp(日本版)、Amazon.com(アメリカ)で記事から直接購入できます。是非ご利用ください!=

ブロとも申請フォーム

プロフィール

Sandie Go

Author:Sandie Go
<Go一家>
渡米11年。USACA州在住。
<家族>
母:Sandie(筆者)
基本は専業主婦、時々フリーランスライター。自閉症児育児歴、16年。
父:Mandy
酒と本がないと生きていけない、自閉研究者。最近の趣味は子供と始めたバイオリンとゴルフ。
子供:K(男)
重度自閉症。16歳
子供:E(女)
高機能自閉症。10歳

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

クリックお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 FC2写真ブログランキング ↓↓義援金バナー貼りました。ご協力よろしくお願いします。 FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集 一日1回クリックするだけで寄付金が加算されるサイトです。 ホスピタリティクリック募金

リンクさせてください

いつもご訪問&コメントありがとうございます♪

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

更新で植林♪

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。