スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リベンジ☆ザイオン国立公園(後)

リベンジ☆ザイオン国立公園、後編。(前編
何故、リベンジかというとー
夏のザイオン、必須の
The Narrows
それが前回叶わなかったから。

園内トラムで終点Temple of Shinawava
20分位川沿いの舗装された道路Riverside Walk Trailを歩くと、
その先は、バージン川上流を渡ることになる。
私たちが川に入ったのは、午前11時ごろ。
Zion18-1
ここで並べられている流木を手に川を歩き始めるが、
Zion18
自前のスキーのストックをもって入る人も!
これは実は賢い選択ということを数時間後に思い知らされることに。
なるべく河原を選んで進みたいのだが、
Zion19
水に入らなければならなくなった。
川の水は夏でも冷たい。
Zion20
段々断崖絶壁が見られるがー
見てる余裕なし(苦笑)
Zion21
川の中は見えない。岩もあるし、深みのあるところもあり、
歩けるところは限られている。先に進む人に習って同じところを進むが、
Zion22
、見事にコケる。(だから服が濡れている(笑))
鞄も濡れたが、
あらかじめ貴重品、カメラはジップロップバッグにいれて封印してあったので無事だった。

これ以上はも余裕がなく、写真がない。(笑)

ここまでくると、のような子供はいない。
の手をつないだまま歩く。
段々、川の対岸に渡らないと陸地が見つけられなくなった。
が川に入ると胸まである。
川の流れが急で、は飲み込まれそうになる。
それを助けようとした
見事、コケる。
そしての棒は流されてしまった。(涙)
の棒をもらう。
Kの為に流木を探して来てくれたが、
とても、ひょろひょろだ。(苦笑)

岩壁が狭まるところまでいきたいが、川はかなり渡るのが辛くなっている。
引き返して来た人に路を聞く。
半マイル先に、川が二手に別れる地点があるという。
その分岐点までなんとかたどり着いて、引き返してくることにした。

Zion23

ここから川は二手に別れている
Zion24Zion25

Kはもっと進みたいというが、はこれ以上はとても無理だ。
ブリブリいうK
父:「歩いてみな」
K、すぐ深みにはまり、見事にコケる。
K、自分の体で限界を納得させられる。(苦笑)
子供らで、ここまできたら十分だ。
納得して分岐点を後にする。
Zion26

途中に見た、滝が流れる地点まで戻って来たが、
Zion27
なにか状況が違う。
実は、午後になって川の水かさが増していたのだ。
行きは河原だったところも水だらけ!
歩いて渡れる場所はさらに限られているのに、
川を上ってくる人たちが倍増しており、下る私たちにとっては、果てしなく迷惑である。
母:「おまえら、邪魔や~!」(←日本語)
そして皆、さらにコケながら下る。
も必死だったせいか、全く愚痴をいう暇もなし。

どれだけ時が流れたかー?

ようやく
出発点が見えて来た。
と思わずハイファイブ!
途中から一緒に川を下っていた老夫婦から
「お嬢さん、いい経験になったわね」とお言葉をいただく。
川を上がって時計を見たら、
午後3時になっていた。
なんと!川を4時間歩いていたことになる。
実はこのリバートレイルは、往路約5時間。
あの分岐点から30分ぐらいいけば終点があったのかもしれない。
(いや、でもそこまでですでに必死でしたけどね...)

川を上がったら迎えてくれたのは、
人にえさをねだるリス!
Zion28
ちなみにえさ与えたら100ドルの罰金なり。

そしてトラムでビジターセンターに戻り、駐車場に向かうと、
K:「うわああああああ~~~!」
K
、動物嫌いなのに、よく動物に遭遇する可哀相な奴。

なんとまあ、日中の人通りの多い薮で
Zion29
鹿が、
Zion30
食事中。

しかし、やっぱり戻った地上は暑かった、ザイオン。
他の陸地のトレイルはこの時期の日中は死にます。
夏はナロッズおすすめです。逆に夏以外は寒くて川に入れません。
水着重宝しますが、上にパンツとシャツは着た方がいいです。
コケるし、日焼けしますから。
岩場は滑るので、靴はトレイルシューズを履きつぶすくらいで望んだ方がいいです。
それでも足は痣だらけになりますが(汗)

あっぱれ子供達にポチ!

↓たくさんの人に療育を知ってもらいたいと思っています;みんなでクリックしてね♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : アメリカ
genre : 旅行

comment

No title

い・・・命がけのレジャーだねえ・・・。

No title

そんなに水かさがあったの?
Eちゃん、怖がりはしなかったの?
それでも頑張っちゃうなんてすごいわ~。
Kくん、ひょろひょろとは言え、優しいね。

すっげー

旅行記、っていうか冒険譚ですな^^

でもこういう経験、たしかに子供らにはとってもいいですね~

No title

すごいなぁ~もうこれはアドベンチャーワールドですよ。
命がけ?!の川渡り.....ご家族の思い出になりますねぇ。王子もここまでのハイレベルは無理にしても(汗)、少しずつ足腰鍛えてやらねば...と思っています。バランス感覚が悪いので、揺れる遊具(ブランコとか)が苦手です。もっと運動能力をどうにかせねば。

皆様、

v-209
学校始まっても呼び出しばかりで、なかなかコメント、ご訪問できなくて申し訳ありません。
このナロッズの川渡り、雨のあとはこんなものじゃなく、さらに水量が上がって中止宣言されるので、旅行にいくまで現地の天気予報とにらめっこ。1週間前に数日雨が降ったのですが、それ以降は晴れてくれたので、実行。それでも川の流れが急なんで焦った、コケた。そんな私ら母娘を助けてくれようとした方がおられたのですが、その人もよろけていて、共倒れしそうで危険だったので、(汗)なんとか自分でふんばりました。ああ、そのせいか、棒を持ってた右指の間接の痛みがまだとれないんです。(←年というか、アホというか)でも貴重な体験でしたよ。
この手のハイキングをするには、練習は必要ですね。小さいところからぼちぼちやってみて下さい。Eが歩けるようになるには足掛け2年ぐらいかかったかな?父は、「これで4時間トレイル楽勝やなあ」とかいって、他の国立公園のトレイル探してる(汗)
ブランコは自閉症児、一度はまると抜けられなくなるほどやみつきになりますよ。OT向けにすすんでこちらの学校ではやらせます。ま、こちらもぼちぼちと。
Secret

摂氏/華氏 温度変換器

料理や気温の変換にどうぞ♪

閲覧者のみなさまへ

ご訪問ありがとうございます。
=療育他の掲載資料をAmazon.co.jp(日本版)、Amazon.com(アメリカ)で記事から直接購入できます。是非ご利用ください!=

ブロとも申請フォーム

プロフィール

Sandie Go

Author:Sandie Go
<Go一家>
渡米11年。USACA州在住。
<家族>
母:Sandie(筆者)
基本は専業主婦、時々フリーランスライター。自閉症児育児歴、16年。
父:Mandy
酒と本がないと生きていけない、自閉研究者。最近の趣味は子供と始めたバイオリンとゴルフ。
子供:K(男)
重度自閉症。16歳
子供:E(女)
高機能自閉症。10歳

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

クリックお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 FC2写真ブログランキング ↓↓義援金バナー貼りました。ご協力よろしくお願いします。 FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集 一日1回クリックするだけで寄付金が加算されるサイトです。 ホスピタリティクリック募金

リンクさせてください

いつもご訪問&コメントありがとうございます♪

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

更新で植林♪

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。