スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

障害児が停学処分/退学になったら

もし障害児が障害の故の問題行動で、現在の学校を停学処分もしくは退学になったら?

ExpulsionLTR


こちらでは、その障害児と保護者にはSpecial Ed.Law障害児教育法により、法的に論議する権利がある。
以下、資料はコチラより。(CA州の場合)*日本語訳もあり

障害児である子供が、問題行動を引き起こしたため停学処分になった。
学校が生徒を停学処分にさせる対象の事実は、
人に危害を加えた場合、
器物破損、
危険物所持(銃やナイフ、ドラッグなど)
あたりである。
学校は健常児の生徒を年間20日まで停学処分にすることができる。
障害児の場合は、連続10日まで。それ以上の停学を行なう場合は裁判審議の必要がある。
10日以上の停学を行なう場合は生徒をFree Appropriate Public Education(FAPE)に行かせる必要がある。

障害児が障害の故に問題行動を起こしている場合、
障害児に停学処分を与えてもそれは解決にはならない。
Positive Behavior Interventions 肯定的問題行動対処の介入
を目的としたIEP会議を開き、その生徒にふさわしい問題行動対処方法を、検査を含んで検討する。
CA州の場合はその問題行動対処検査の書面を
Functional Analysis Assessment(FAA)/Hughes Bill Assessmentと呼び、
問題行動対処法を
Hughes Bill Behavior Interventions
と総称する。
コチラに検査内容対処方法などのサンプル資料があるので、詳細を知りたい方はどうぞ。

障害児教育法の原点は
Least Restrictive Environment(LRE)最小限の特別環境
『最小限の特別環境』とは、
障害児が教育を受けるときはまず健常児と同じ教育が受けられるかを検討し、
それが出来ない場合は特別な環境を順次考慮していくという理念である。

例えば、この処分となった障害児が普通学級にいた場合、この事実によってその環境を変える(プレイスメントを変える)前に、
エイドや補助サービスを与えて現状の環境を維持させることが法的には先決と見なされる。
プレイスメントの考え方は、
residential placement居住地区の学校の所属をまず念頭にし、
そこから問題行動対処や補助などの療育サービスが必要な場合をIEP(個人学習指導要項)によって検討し、実施する。

簡単にいえば、
障害児もまず居住地区の学校に通う権利がある、それができない場合はエイドや療育サービスを受けて通う、それが叶わない状態の生徒は特殊学級にいくが、常に居住地区学校に戻れるよう訓練指導を受けなければならない、
ということである。

現状の学校を退学処分とされた場合、学校区は以下の過程を踏まなければならない。
Expulsions and Manifestation Determination Review
退学を決める場合は10日以内にIEPを開き、何故退学処分とするのか表明しなければならない。
appealing a manifestation determination review through an expedited due process hearing
退学を正式書面表示し、保護者が退学処分に対してアピールを起こせるようにしなければならない。
Expulsion hearing by a school governing board
学校/学校区が下した退学に対して、
子供と保護者は学校からの停学処分勧告から30日以内に
District's Governing Board(学校区教育委員会)にヒアリング(公聴)を起こす権利がある。

以上がざっと概略だが、
ヒアリングや裁判を起こす場合はアドボケート、弁護士などの専門家を付けることを御薦めする。
アドボケートや相談は
コチラコチラから無料相談、もしくはsliding fee system(所得別支払い)によりアドボケートを付けることもできる。(CA州の場合)

なんでこんなこといっているかというと、
ま、うちも、人ごとではないんでね。


↓たくさんの人に療育を知ってもらいたいと思っています;みんなでクリックしてね♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

comment

No title

障害ゆえにこう言ったケースになる場合、あるんだね。

No title

ただいまあ&お久しぶり。
相変わらず(ウチと違って)勉強になるブログ書いてるねえ。
我が能天気ブログもぼちぼち復活します。

皆様、

v-209
問題行動が障害故の場合はその適切な対処を与えない限り、停学/退学処分を行っても解決にはならないのです。学校側は他者への影響を考えればせざるを得ないのでしょうが、子供には皆教育を受ける権利がありますから、その子供の権利が奪われることになります。
Secret

摂氏/華氏 温度変換器

料理や気温の変換にどうぞ♪

閲覧者のみなさまへ

ご訪問ありがとうございます。
=療育他の掲載資料をAmazon.co.jp(日本版)、Amazon.com(アメリカ)で記事から直接購入できます。是非ご利用ください!=

ブロとも申請フォーム

プロフィール

Sandie Go

Author:Sandie Go
<Go一家>
渡米11年。USACA州在住。
<家族>
母:Sandie(筆者)
基本は専業主婦、時々フリーランスライター。自閉症児育児歴、16年。
父:Mandy
酒と本がないと生きていけない、自閉研究者。最近の趣味は子供と始めたバイオリンとゴルフ。
子供:K(男)
重度自閉症。16歳
子供:E(女)
高機能自閉症。10歳

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

クリックお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 FC2写真ブログランキング ↓↓義援金バナー貼りました。ご協力よろしくお願いします。 FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集 一日1回クリックするだけで寄付金が加算されるサイトです。 ホスピタリティクリック募金

リンクさせてください

いつもご訪問&コメントありがとうございます♪

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

更新で植林♪

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。