スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ERで大騒ぎ

当分書きだめ療育記事を発行して、他のことしようと思っていたら、
ここの記事ネタを毎度提供してくださる
SummerConcert5 

学校に迎えにいったら、先生達から口々に
「今日、は耳が痛いというので、校医にも見てもらったのですが、
中耳炎かと思うので、病院に連れて行って下さい」

確かにこの1週間ばかり鼻水がとまらず機嫌が悪い。
うーん、そろそろ抗生物質もらわないと駄目かな?

小児科医に予約をとってみるが、その日はどの医者も塞がっていて予約がとれない。
明日のアポは明日の朝取れという。
そしてもし本日病院にいきたければ、緊急外来にいけという。

中耳炎で緊急外来ってのも大げさだが、
は耳を痛がっている。
ちょうど、今日はその緊急外来がある病院でスピーチセラピーがあった。
その帰りに寄って見るか。

スピーチのときもは時折耳が痛いと訴える。そして
E:「耳が塞がってるの」
という。
母:「あ、中耳炎で耳の調子が悪いんだと思うんですけど」

なんとかスピーチを終わらせ、
緊急外来へ。
この緊急外来はERも併設されている。
緊急患者が入ったらてんやわんやだが、
今は待ち合いも少なく、すぐ見てもらえそうだ。

待合室のTVで冬期オリンピックを見ていると、
の名前が呼ばれ、
診察室に。

緊急だったのでカメラは持ち合わせていなかったが、
中はまるで、
TVドラマ、ERの世界
(以下写真拝借元はコチラ

ER1 ER3

E:「手術するの、嫌だー」
母:「手術なんてしないから。ドクターにお薬もらうだけ」
なんとかなだめて進む。

そこに、妙にフレンドリーな秘書さん登場。
S:「あら、今日はどうしたの?」
E:「耳にビーズが入ってるの」
母:「?」
S:「あらあ、それは大変ねえー」
そしてちやほやされながら、体重、血圧などを測り、
問診をしている間に、
隣にこれまたフレンドリーなナースさん、登場。
N:「(秘書に向かって)何やってるのー、遅いわねえー」
秘書さん、コンピューター入力にてこずっている。

S:「今日は注射はしないのかな?」
E:「.....。ビーッ(泣き出す)」
N:「(秘書に向かって)あんた、馬鹿じゃないの、そんなこといって!!(秘書を叩く)
大丈夫よ、こんなおばさんのいうことは信じなくて。
ドクターに薬だけにしてくださいって言えばいいからね。 さあ、行きましょう」

なんとかなだめて
診察室へ。
ER2 こんな椅子に座らされ、
、再び緊張。

そしてしばらくして、
ドクター、登場。
ER4 ←こんな感じの出で立ち。
E:「ビーッ(再び泣き出す)」
ユニフォームに反してフレンドリーなドクター
をなだめて、
中耳炎を起こしていないか確認のため、耳の中をライトを照らして覗く。

Ear Check (写真クリックで借用先へ)
D:「.....右耳の中に、緑のものが見えます」
母:「......!?」
D:「ちょっと応援を呼んできて、取りましょう。」
しばらくして、もう一人のドクターが、細い鉗子を持ってやってきた。

耳から出てきたのは、
2ミリ程度の工作用の四角い緑のビーズだった。
これは痛いに決まってるわ!
しかし、なんで
7歳にもなってそんなもの、耳に入れるかーっ!!
D;「まあ、子供は何でも入れますからねえ。
はい、化膿止めに耳のドロップ出しときます。」


しかしまあ、今日気がついて取れてよかったよ。

長く続いている鼻水には抗生物質をもらって
これも一件落着。

以上、
、ER初体験でした。


↓たくさんの人に療育を知ってもらいたいと思っています↓みんなでクリックしてね♪

にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

comment

No title

ほんとに・・ビーズが入っているとは。。。 

家の息子も今週末から中耳炎になって、学校を2日休んでいます。うちも病院嫌いで、行くたび・・大変です。

お互い、早く治るといいですね。

No title

こちらも中耳炎騒ぎですか~
ちょうどなっつぃさんのところで、中耳炎疑いだったという記事にコメントしてきたところです。

Eちゃん耳にビーズだったんですね・・・。それは痛い(涙)
無事に取れてよかったですね、さすがER!

もう変なもの入れませんようにv-12

No title

はい、くまこさんに続きます。

あらら、Eちゃんも?と思ったら、本当に入ってたんですね・・・・。
ERも忙しくなかったようで、一件落着でよかったですね。うちは、未遂でした・・・・・

No title

ワタシも6歳のとき鼻の穴にオモチャのそろばんの珠入れて大量に鼻血出して病院行きましたが何か?

No title

あら、本当にビーズだったんだね。
うちの2人はないけど、弟の一番下がなんでもかんでも入れたりしてたらしい。
知らない場所でEちゃん、よくがんばったね~。

おお

ER!(←そっちに反応
シーズン1~5くらいまではケーブルTVで欠かさず観てたな~
(ジョージクルーニー、ラーヴe-266
ほんとにあんななんですねえ。へええ。

Eちゃん、大事なくて良かったデス。
ビーズ…い、入れてみたくなっちゃったんだネ^^;

No title

ビーズが入ってるの・・・、って本当だったんだv-12驚きです。
しかし、ERのみなさんはフレンドリーな方ばかりですね・・ドラマは私も見た事ある・・・。
早目に処置できて良かった良かった。

No title

ほんとうにビーズだったんだ!

うちの長男と次男は
3歳ぐらいの頃から中耳炎を繰り返し、
耳鼻科通いをしていました。
今じゃ、そんな時期あったっけ?と忘れるほど
二人とも健康そのものですけど。

大事にならなくて・・・

耳に異物が入ったら 私だって大騒ぎしちゃいます。耳の中が傷ついて ばい菌がはいったら「治療するのが ものすごく大変」(過敏な子ども達だけに)なので、ビーズを取り出すだけですんで本当に良かった・・・。息子が小さかった時に 大学病院の救急に行ったら 重病人ばかりの さむ~い待合室で1時間半以上待たされました・・・あぁ、予約で行けたアメリカの病院が懐かしい・・・。

皆様、

v-209
私も子供の頃、鼻にちり紙詰めまくってたそうなんで、人のこといえないが、そろばんの珠、なんで鼻から出て来るよ?(爆)

我が子供たちも幼児時にはよく中耳炎にかかってました。
抗生物質は自閉症児は多量使用すると、腸内にイーストが異常発生し、障害を悪化させるという一説があり、使わない親御さんもおられます。私はぐずられるのがたまらなかったので、今回もつい請求してしまいました。お陰で症状はすぐ退きましたが、継続投与しないといけないので、そのうちお腹の調子が悪くなって。(涙)ひどい場合は抗菌剤をもらわないといけません。

そうですよね、耳が炎症起こってたらまずいですよね。ああ、1日2回5日間の投与だったのに、つい、忘れていたような...(汗)

ER室、構造はドラマとほとんど同じでしたよ!やはり中心にオープンカウンターと手術室ってのが、緊急手術には便利なんでしょうねえ。
実はEの今回の騒ぎは学校で起こったことだったので、レポートを、と思い、請求にいったら、その場ですぐプリントアウトされて出てきました!そういうところもさすがER!

大事なくてよかった!

カキコ、遅くなってごめんなさい。
本当、大事無くて良かった。お風呂に入って、さらに水が入ったら・・・とか考えると恐ろしいね。子供二人抱えて、通院が面倒・・・って時は、ついつい「病院、明日でいっか~!」ってことになりがちだけど、早めにERでも連れて行かないといけませんね。
ウチの近くに大学病院があるので、救急にも数回行ったことがあるよ。でも、こちらの救急は、インターンの先生が詰めていることが多々あり・・・結局、翌日小児科に行きなおしたりして、2度手間だったよ~。
チビはいまだに何でも口に入れるので要マークですな。こないだ、太鼓ゲームのバチをそっと鼻に入れようとしていて、未然に防いだ。。気の置けないやつ。。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

はるさん、

v-209
ま、3歳までは要注意ですな。7歳になっても入れる奴がここにいるが...。
あれっ?と思ったらすぐ行くべきです。後でこれ、一日放置して耳の奥まで進んでたら...と考えたらゾッとしました。
こちらの救急って専門職だから、処置の対応は進んでるそうです。
しかし、医療費が高いのよね~。うちの子供は保険で全額負担してくれるので気軽にいけるが、大人は簡単にいけない。さらに救急車呼んだら、後の請求額が1000ドル単位だとか...(汗)

No title

ああー。思い出した。
次男が小さいとき耳に「パチンコ玉」を詰めちゃった事があったわ。
子供って何するかわかんないよね。
取り出せて何よりでした。

yuyuhayaさん、

v-209
鼻ならわかるけど、何で耳からパチンコ玉?でかくない?入れるの大変だったのでは??
本当に子供って恐ろしい。(汗)
Secret

摂氏/華氏 温度変換器

料理や気温の変換にどうぞ♪

閲覧者のみなさまへ

ご訪問ありがとうございます。
=療育他の掲載資料をAmazon.co.jp(日本版)、Amazon.com(アメリカ)で記事から直接購入できます。是非ご利用ください!=

ブロとも申請フォーム

プロフィール

Sandie Go

Author:Sandie Go
<Go一家>
渡米11年。USACA州在住。
<家族>
母:Sandie(筆者)
基本は専業主婦、時々フリーランスライター。自閉症児育児歴、16年。
父:Mandy
酒と本がないと生きていけない、自閉研究者。最近の趣味は子供と始めたバイオリンとゴルフ。
子供:K(男)
重度自閉症。16歳
子供:E(女)
高機能自閉症。10歳

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

クリックお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 FC2写真ブログランキング ↓↓義援金バナー貼りました。ご協力よろしくお願いします。 FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集 一日1回クリックするだけで寄付金が加算されるサイトです。 ホスピタリティクリック募金

リンクさせてください

いつもご訪問&コメントありがとうございます♪

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

更新で植林♪

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。