スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Eのプリスクール高機能クラス

の過去に受けた療育を振り返る。(過去記事はEの過去録カテゴリーにて)
は3歳になり2歳児クラスIEPが作られ、
学校区の運営する高機能プリスクールクラスに進級した。
所属は2年間。時間はKのクラスと同じ週4日半日授業。
高機能クラスは、無言語だったKが入った重度自閉症クラスとは内容が異なるところがある。

クラスは生徒12人に担任と3人のエイド。
Ratio(先生と生徒の比率)が増え、クラスも込み合った感じだ。
PECSを使ってはいるが、言語が発達している子供も多く、
Kのクラスのように全てをPECSでスケジュール化するよりは、補助的に使う。
Learning Station(DTTを個別学習するブース)やQuiet Room(癇癪を起こしたら落ち着かせるための部屋)、OT Stationは同じように設けてあるが、
さらにコンピューターのブースがある。生徒達は学習コンピューターをそこで行なう。

この教室で
サークルタイム、
IEPに基づいた個人学習(DTT)
OT、スピーチ、Adapted PE(障害者向け体育)
などが行なわれる。
子供用コンピューターがあったので、アセスティブテクノロジースタッフにを検査してもらって、
学習ソフトを導入してもらったりもした。

↓背後にコンピューターブースや学習ステーションが。
E_SEEC Preschool
当時の写真、どれもパーティで食ってるのしかなく、
教室のセッティングの参考になるのがこの写真だけ(苦笑)

そして1~2名の健常児が生徒モデルとして入る。
実はこのクラスに2年所属した後、生徒の半数近くは普通学級キンダーに進学するのだ。
担任のC先生は、メインストリーム(交流学級)に力を入れており、
同じ小学校校舎に所属する公立プリスクールに定期的に生徒を連れて行き、交流する機会を設けていた。

そして2年目の4歳のころには
他の高機能の生徒と二人でクラスの半分を交流学級で過ごすことになった。
この二人に付けられたエイド、実はほとんどの世話をしていた。(苦笑)

3歳の頃は意志もはっきりしていなかったも、
4歳になると自我が芽生え始め、
問題行動が続出。強烈な癇癪が出始めた。
担任のC先生、あまり問題行動対処が得意ではない。
完全にになめられている。
問題行動対処案がIEPに追加された。

EscalationCycleManagePlanSample

それでもキャピガルママ、C先生はなめられたままだったが。(苦笑)

C先生はキンダーに進学するときのIEPでも
にエイドを付けて普通学級にいれることを薦めた。
残念ながらそれは叶わなかったが。
(詳細はコチラ
今でも人づてにC先生の話が出ると、
「Eちゃんはメインストリーム頑張ってる?」
っていっているそうだ。
C先生には申し訳ないが、
実はキンダーへの環境の変化での問題行動が増加し、メインストリームは断念、
1年後また再開したばかりだが。
まあ、気長にいこう。

↓たくさんの人に療育を知ってもらいたいと思っています↓みんなでクリックしてね♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

comment

No title

こんにちは

動画は無料のFlip Clipからです、無料なので時間が短いですが
http://www.flipclip.net/
私もゴチャ触っているうちに出来てしまって・・・
実は懲りもせず今、記事の再々編集しています(笑い

写真を多く挿入しようかと・・・・取りあえずポチッ

No title

娘が通っている小学校にも
特殊学級がありますが、
その内容を我々が知ることはありません。

たまに広報紙で「料理実習をしました。」「どこどこへ行きました。」
という報告があるだけです。

運動会などで健常者の子と競技することもあり
もっと普段のレベルで交流が出来ればいいのにと思っていますが、
現段階では難しいのでしょうね。
先生と生徒の比率も、アメリカとは比べものにならないくらい低いし、
施設もこんなに立派じゃないし、
状況は厳しいですね。

ニュータイガー8さん、

v-209
動画情報ありがとうございます。見てみます。
こういうのって凝りだすと止まらなくなるから、くれぐれも身体にはご留意してほどほどにね!(笑)

tenchanさん、

v-209
私が昔通っていた日本の小学校にも特殊学級がありました。先生一人で7、8人の子供を対処してました。通学コースが似ていたり、掃除を手伝ったりして、一緒になることが多かったけど、当時は脳性麻痺やダウン症の子はいたけど、自閉症らしき子供は見当たらなかった。当時は子供ながらに障害児を見ていたけど、まさか自分の子供たちがそういったクラスにお世話になるとは思ってもみなかったなあ。
Secret

摂氏/華氏 温度変換器

料理や気温の変換にどうぞ♪

閲覧者のみなさまへ

ご訪問ありがとうございます。
=療育他の掲載資料をAmazon.co.jp(日本版)、Amazon.com(アメリカ)で記事から直接購入できます。是非ご利用ください!=

ブロとも申請フォーム

プロフィール

Sandie Go

Author:Sandie Go
<Go一家>
渡米11年。USACA州在住。
<家族>
母:Sandie(筆者)
基本は専業主婦、時々フリーランスライター。自閉症児育児歴、16年。
父:Mandy
酒と本がないと生きていけない、自閉研究者。最近の趣味は子供と始めたバイオリンとゴルフ。
子供:K(男)
重度自閉症。16歳
子供:E(女)
高機能自閉症。10歳

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

クリックお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 FC2写真ブログランキング ↓↓義援金バナー貼りました。ご協力よろしくお願いします。 FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集 一日1回クリックするだけで寄付金が加算されるサイトです。 ホスピタリティクリック募金

リンクさせてください

いつもご訪問&コメントありがとうございます♪

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

更新で植林♪

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。