スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Kの自閉症幼児クラス(ST/OT)

これから、Kが診断から今までこちらでどのような療育を受けてきたのかを
数回に渡り、振り返る。

Kは福祉センターの自閉症診断後、(当時の記事はコチラ
子供総合病院のスピーチセラピストが行う
Stepping Stones
という自閉症2歳児を集めたクラスに週2回通った。
クラスは2時間。
7、8名の子供のクラスに主催のスピーチセラピスト、そしてエイドが4人。
プリスクール入学前に学校疑似体験をさせる3ヶ月のコース。

ここにいる子供のほとんどは無言語である。
だからSTスピーチというより、内容はOT作業療法に重点を置いたもの。
まず、到着したらボディーブラッシングから始める。
親も自宅で定期的に行うように方法を指導される。(このあたりの詳細記事はコチラ

そして親はマジックミラーで子供たちを見ながら、
指導者の一人から毎回、講義を受け、資料を渡され、
自閉症に関する基礎知識を叩き込まれる。
例えば、感覚統合Sensory Processing
  OT_SensoryProcessing1   OT_SensoryProcessing3
触感、動作、身体の認識、味覚、視覚、聴覚という感覚を
脳に認知、活性化させるために刺激を与えるトレーニングのこと。

そして重力を与えることにより身体の重心を保つ。
定期的に砂の入ったベストを着せたり、
OT Weighted Vest  OT LapPad
Abilitations
椅子に座らせるとき膝に重しを乗せるのは、情緒安定にも効果がある。

その傍ら、子供たちはおもちゃで適切な遊び方を指導されたり、
(自閉症児はおもちゃを適切な方法で使って遊ぶことができない)
簡単なゲームなどをする。
例えばシャボン玉を"Pop!"といわせてつぶさせるとか
(シャボン玉はスピーチにおいて、言語を誘発させる道具。
そしてシャボン玉を吹かせるのは発語の練習になる)
重度自閉症児が集まっているので、子供たちで一緒に遊ぶという能力はない。
最初は子供たちもお互いを認識しておらず、大人とのやりとり。
OT_SensoryProcessing4
そしてスナックタイム。
机の上にナプキンやスナックをならべる作業をさせる。彼らは自主的に動くことはできないから、エイドが手を支えて介添えする。
自閉症児は偏食家が多い。これは口の感覚統合的な問題がある。
彼らは感触を受け付けられない、味覚を受け付けられない。
このクラスのスナックは、触ったり、匂いをかがせたり、口にいれて触感を与えることが目的だ。
もちろん食べてくれればそれに越したことはないが、K、吐き出している。
食事が終わったら、介添え付きでゴミを捨て、机をスポンジで拭かせる。
スポンジの感触も苦手な子供が多い。これを克服させるためにやらせる。
OT_SensoryProcessing1
あと、机の上でシェービングクリームを巻いて触らせたり、
砂場に砂や米、豆などをいれて、触らせたり、踏ませたりする。

 OT_SensoryProcessing2
最後は外の遊び場で
ブランコやトランポリンなどのPT(フィジカルセラピー)経験をさせて解散。

最初の数日は泣きわめくだけで終わる。
Kと離れるのが苦手だったので、最初の数十分はは付き添えるようお願いした。
しかしそのうち離れてくれという。
しかたなく離れると、泣きわめき始める。
それをスタッフが腕づくで抑える。
は別室のマジックミラーから見るが、
まるで拷問。

数週間後、Kはなんとかクラスに慣れてきたが、
は渡米半年余で、英語の説明がわからない。
そしてマジックミラーの密室で子供の親が眺めている。他の親達は暇をもてあましている。
否が応でも話しかけられる。、逃げ場なしの強制英会話状態。
まるで拷問。

このような拷問を経て、と息子Kは強くなっていくのであった。
経過は続く。

クリックも続く。
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

comment

No title

うちもシャボン玉は毎日させてたのよ。
そうなんだよね。
泣き喚いて嫌がるのに無理矢理連れて行かれちゃう。
親は側にいれないから、本当に拷問のようだったよ。

No title

うちも、当時2歳だったジョーイを引き離すように教室に置いてきた時は辛かったなあ。その後マジックミラーで観察してたけど、ずっとずっと泣いてたし・・・。

reeさん、

v-209
シャボン玉、Kは、やりだしたら止まらない。今では要注意ハマリものアイテムの一つ。

怪人さん、

v-209
お!復活おめでとう。連休お疲れさまで。
乳児から預けられている子供は慣れてるけど、1歳以降2歳あたりが自我が芽生えて一番親から離れづらい時期なんだそうで。親はその頃からそろそろ育児から離れる時間も欲しいと思うのだけれど。

No title

うちの子も、同じようなプログラムを受けてました。
ブラッシングにベスト着用、そして、自閉症児の必粗アイテムe-278シャボン玉~
今では、飽きてしまったけど、たまには、バブルを出して、あそんでみようかなぁe-265



No title

うちは今までなんにも受けてないけど(おそろしいっ!!)
幼児期、やっぱりシャボン玉 すごい勢いでやってた。
でっかいボトルのを何本も何本も買ってストックしてあったよ。
おかげでベランダの野菜も花も全滅したなぁ。(今年は順調♪)
今は昔ほどはやらないけど、それでもやっぱり好きみたい。
公園とかでジャンプしてつぶして回ってるよv-356

No title

次男は小さい頃、言語訓練を受けていたんだけど・・・
その病院は、他県から言語訓練を受けたいがために引っ越して来る人がいるくらいの病院だったけど・・・
なんなんだこの差は!!
シャボン玉がいいなんて初めて聞いたぞ。
ガンバレ日本!!

うささん、

v-209
当時はバジェットが潤っていたのでサービス大放出だったけど、今はこういった幼児教育を出すのは難しいらしいですよ。病院セラピー、高いので。

リトルガルさん、

v-209
Kにはシャボン玉は風呂場か庭でやるようにいってある。終わったあとは床ヌルヌル、ドロドロ。(涙)

yuyuhayaさん、

v-209
Kが渡米する前、東京の発達小児科医に言語とOTの療法の時間があった。Kは行く前に渡米したけど、きっと何ヶ月とか何年待ちだったんだろうなあ。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
Secret

摂氏/華氏 温度変換器

料理や気温の変換にどうぞ♪

閲覧者のみなさまへ

ご訪問ありがとうございます。
=療育他の掲載資料をAmazon.co.jp(日本版)、Amazon.com(アメリカ)で記事から直接購入できます。是非ご利用ください!=

ブロとも申請フォーム

プロフィール

Sandie Go

Author:Sandie Go
<Go一家>
渡米11年。USACA州在住。
<家族>
母:Sandie(筆者)
基本は専業主婦、時々フリーランスライター。自閉症児育児歴、16年。
父:Mandy
酒と本がないと生きていけない、自閉研究者。最近の趣味は子供と始めたバイオリンとゴルフ。
子供:K(男)
重度自閉症。16歳
子供:E(女)
高機能自閉症。10歳

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

クリックお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 FC2写真ブログランキング ↓↓義援金バナー貼りました。ご協力よろしくお願いします。 FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集 一日1回クリックするだけで寄付金が加算されるサイトです。 ホスピタリティクリック募金

リンクさせてください

いつもご訪問&コメントありがとうございます♪

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

更新で植林♪

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。