スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Eの親子プリスクールクラス(後)

Eの親子クラス後半。(前半記事

年に数回は遠足があり、

E_PreschoolParenting 大好きなWV先生

冬休みが開け、春期になった。

WV先生からある発表があった。
「年度末に生徒達は全校生徒の前で発表会をします。
これからそのために演技の練習をします!」


そして図書館訪問の後、隣の講堂で練習が始まった。
演技はいままでサークルタイムでやってきた手遊び歌に加え
追加の歌と寸劇が入って30分余。
舞台にまっすぐ立てるように練習ごとに立ち位置のテープが貼られる。
先生は脇のピアノを弾き、
(これがこちらのプリスクールではめったにしないことでめずらしい)
生徒達は歌を歌ったり踊ったり。
プリスクーラーには結構ハードだと思うのだが、他の生徒はこなしていく。
は一度は立ち位置に立つものの、またどこかへいってしまう。
はこんな調子だったから一年目の舞台は辞退した。

2年目になった。
また年度末が近づき、舞台の練習が始まった。
今年ははやる気になっている。
舞台で演技を披露するというコンセプトを理解したようだ。
時々「この曲はやりたくない」といい、客席にくることもあるが、
基本的には歌ったり踊ったりしている。
寸劇も端役で参加。
実際の披露は予定が合わなくて参加できなかったが、
は舞台練習を楽しんだ。

今でもWV先生のクラスに行きたいという。
このクラスは彼女にとって楽しい思い出になった。
現在のの舞台好きはこの頃形成されたのだろう。

当時練習に必死で写真がないので、
それからのの演劇ダンス少女ぶりを↓

E_Tapdance TheaterCamp2
E_GoodyGoody1 ArmsWideOpen_PinkLady

母子2年、頑張ってよかった。

↓たくさんの人に療育を知ってもらいたいと思っています↓みんなでクリックしてね♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

Eの親子プリスクールクラス(前)

7年前、Eが生まれたとき、は思った。
「この子は待ちに待った健常児だ。
今までKのときにできなかった体験を親子でしてみたい!」
と。
そこでを連れて
コミュニティカレッジが運営する無料の親子クラスに乳児の頃から通っていた。
新生児クラス、1歳児クラス、
1歳半でもやはり発達障害があると判明するが、(詳細はコチラ
それからも2歳児(トドラー)クラスに通い続けた。

E_Parenting3yr.old 乳児期と2歳児クラスでお世話になった先生と

そして3、4歳のプリスクールクラス時には、特殊学級が始まっていたが、
学校のない水曜日に通わせたいクラスがあった。
小学校の1室を借りて、半日子供にキンダーガーテンの疑似体験をさせるプリスクール親子クラス。
とても人気のあるクラスで、初日登録しないと入れない。
先生はこのクラスを30年余運営しているベテランWV先生
このクラスは週2日のクラスだが、1日しか参加できないことと、に発達障害があることを伝えた。
WV先生はOKを出してくれた。

初日、クラスの生徒は20名余。
親も同席するから40名余の人が狭いクラスルームにすし詰めになる。
人だらけでくらくらする。も機嫌が悪くなる。

さてこのクラスにはいろいろルールがあった。
先生の話を聞くとかおもちゃに勝手に触らないとか
キンダーになり学校生活に入ったら、守らなければならないルール達だが、
は勝手に遊びたくてたまらない。
禁止されればひっくり返って癇癪。
うるさいので外に連れ出す。

授業の中で学校図書館にいく時間があった。
生徒達は外に整列し、図書館に向かう。
図書館では、まず司書さんが本を読んでくれるストーリータイム、
そして本を1冊借りることができる。
図書館なので静かにしなければならない。
ストーリータイムの間は本読みを聞かなければならない。
それには集中せず、周りの本ばかりを出して見ている
先生に
「ストーリータイムの後で本を選ぶので、それまでは我慢」と言われる。
泣き出すをあわてて外に連れ出す。

は当時のABAスタッフと相談して
このクラスのスケジュールと
に守らなければならないルールをボードに羅列し、
トークンシステムを使った。

E_DanceSocialStory

図書館訪問の後、クラスに戻るのだが、
途中の花壇では寄り道をしてしまう。
これもは携帯タイマーで時間を指定し、
数分で切り上げさせることにした。

このような方法を使い、はこのクラスに適応していくようになった。

長くなるので明日に続く。

↓たくさんの人に療育を知ってもらいたいと思っています↓みんなでクリックしてね♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

Eのプリスクール高機能クラス

の過去に受けた療育を振り返る。(過去記事はEの過去録カテゴリーにて)
は3歳になり2歳児クラスIEPが作られ、
学校区の運営する高機能プリスクールクラスに進級した。
所属は2年間。時間はKのクラスと同じ週4日半日授業。
高機能クラスは、無言語だったKが入った重度自閉症クラスとは内容が異なるところがある。

クラスは生徒12人に担任と3人のエイド。
Ratio(先生と生徒の比率)が増え、クラスも込み合った感じだ。
PECSを使ってはいるが、言語が発達している子供も多く、
Kのクラスのように全てをPECSでスケジュール化するよりは、補助的に使う。
Learning Station(DTTを個別学習するブース)やQuiet Room(癇癪を起こしたら落ち着かせるための部屋)、OT Stationは同じように設けてあるが、
さらにコンピューターのブースがある。生徒達は学習コンピューターをそこで行なう。

この教室で
サークルタイム、
IEPに基づいた個人学習(DTT)
OT、スピーチ、Adapted PE(障害者向け体育)
などが行なわれる。
子供用コンピューターがあったので、アセスティブテクノロジースタッフにを検査してもらって、
学習ソフトを導入してもらったりもした。

↓背後にコンピューターブースや学習ステーションが。
E_SEEC Preschool
当時の写真、どれもパーティで食ってるのしかなく、
教室のセッティングの参考になるのがこの写真だけ(苦笑)

そして1~2名の健常児が生徒モデルとして入る。
実はこのクラスに2年所属した後、生徒の半数近くは普通学級キンダーに進学するのだ。
担任のC先生は、メインストリーム(交流学級)に力を入れており、
同じ小学校校舎に所属する公立プリスクールに定期的に生徒を連れて行き、交流する機会を設けていた。

そして2年目の4歳のころには
他の高機能の生徒と二人でクラスの半分を交流学級で過ごすことになった。
この二人に付けられたエイド、実はほとんどの世話をしていた。(苦笑)

3歳の頃は意志もはっきりしていなかったも、
4歳になると自我が芽生え始め、
問題行動が続出。強烈な癇癪が出始めた。
担任のC先生、あまり問題行動対処が得意ではない。
完全にになめられている。
問題行動対処案がIEPに追加された。

EscalationCycleManagePlanSample

それでもキャピガルママ、C先生はなめられたままだったが。(苦笑)

C先生はキンダーに進学するときのIEPでも
にエイドを付けて普通学級にいれることを薦めた。
残念ながらそれは叶わなかったが。
(詳細はコチラ
今でも人づてにC先生の話が出ると、
「Eちゃんはメインストリーム頑張ってる?」
っていっているそうだ。
C先生には申し訳ないが、
実はキンダーへの環境の変化での問題行動が増加し、メインストリームは断念、
1年後また再開したばかりだが。
まあ、気長にいこう。

↓たくさんの人に療育を知ってもらいたいと思っています↓みんなでクリックしてね♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

Eのプリスクールサマーキャンプ

は3、4歳当時、特殊学級プリスクールに通っていたが、
夏休みの間ぐらいは健常児のクラスを体験させたいと思い、
私立プリスクールの実施するサマーキャンプを1ヶ月体験した。
このキャンプは障害児にはエイドを派遣してくれる。
エイドを派遣してもらうために7月のキャンプに3月から予約を入れた。(!)
の問題行動についての注意点をレポートにし、事前に担任の先生に手渡して、当日に向かう。

午前中半日4時間の授業。
このプリスクールはこのエリアで優良校といわれ、最新鋭の設備を持つ。
校庭はウレタンが敷き詰められ、転んでも怪我をしない配慮。
遊具も豪華。



は急にから離すと泣かれるだろうと思い、
始業時間前にその豪華な校庭で遊ばせて開始を待つ。
ひとしきり遊んだはエイドさんに引き取られた。

プログラムは
クラフトや外遊び、中遊び、ストーリータイムなどが行なわれたが、
キンダーに備えてアルファベットや数字の練習までやっていた。
優良プリスクールはこういうことまで教えるんだなあ。

さてであるが、
クラフトはそれなりに楽しんで参加したが、
ストーリータイムは全く無視。
エイドさんが羽交い締めにして(笑)なんとかその場にはいたが、本読みは全く聞いていない様子。
は早めに迎えにいってその様子を見ていたが、が癇癪を起こさないかヒヤヒヤものであった。

実はこのキャンプには水泳の時間がある。
併設しているセンターのプールに行く。
ベビープールとオリンピック競泳用の大きなプールがあるのだが、
最初の年はベビープールに入ってご機嫌だった
しかし2年目、4歳児以上は大人のプールに入れとの達し。
エイドさんが嫌がるをなんとかプールに入れて、そのあとクラスルーム写真撮影があった。
↓エイドさんに抱かれてるだが、
はい、この通り。機嫌悪いです。(涙)
E_PreschoolSummerCamp2  これが豪華な遊具の一部

そして毎朝このプールのせいかキャンプにいくのを嫌がり癇癪を起こした。
実際のキャンプ中でもプールに入れなかった日が多かったようだ。

いろいろ課外で健常児クラスを体験させてみたが、これらの結果で、
残念ながら例えエイドが付いても、
は通年のキンダーの健常児クラスに行かせるのは無理だと母は判断した。

↓たくさんの人に療育を知ってもらいたいと思っています↓みんなでクリックしてね♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

Eのスピーチリサーチセンター(3)ST家庭での指導

Eが2歳から3歳の間受けていた
州立大学スピーチセラピー続編。(前記事(1)(2)

そしてセラピーをマジックミラーから観察しているには
講師から家庭での指導を伝授。

子供への話しかけは

ー視線を合わせて
ー音や行動をまねさせる
ー表情をつけて
ー順番に言葉を交換
ー短く簡潔な言葉を使う
ー子供が見ている物について話す
ー子供が話した話題をもっと膨らませて会話を続ける
ー物事や行動を言葉で示す
ー話題を拡張させて質問をする
ー子供に答えさせる時間を与える


そして子供の発達は各々違うことを念頭に!

PECSを使って基本文の表意を伸ばしていく。

"I want Something." I want car.

"I want Color Something." I want blue car.

"Give me + object" Give me toy.
"I see + object" I see flower.
"Put object location" Put block on top.
"I need object" I need fork.

これらの文章をどういったプロンプトで使わせるかを親に具体的に指示。

そしてセラピーで行なっている発音の強化。

そしてこれらが上達してきた1年後には
シナリオを作り、その言葉をいわせて寸劇(ごっこ遊び)をさせる。
その一例:

SDSU_ST_Scenarios 赤ちゃんをお風呂にいれましょう! 51116078

最初はこの決まった台詞を言わせるロールプレイ。
そしてそのうちこれが自発的に言えるようになったときは、、かなり驚いた!11

感情表現をPECSを用いて

SDSU_ST_EmotionPECS

結局このセンターには2年近く通い、以上の課題をこなし、
は3語文を習得した。

他の療育も併用しながら、はそれからも言語を確立していく。

療育は続く。
クリックも続く。

↓たくさんの人に療育を知ってもらいたいと思っています↓みんなでクリックしてね♪
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村

theme : 発達障害(自閉症、アスペルガー、LD、ADHD、発達遅滞)
genre : 育児

摂氏/華氏 温度変換器

料理や気温の変換にどうぞ♪

閲覧者のみなさまへ

ご訪問ありがとうございます。
=療育他の掲載資料をAmazon.co.jp(日本版)、Amazon.com(アメリカ)で記事から直接購入できます。是非ご利用ください!=

ブロとも申請フォーム

プロフィール

Sandie Go

Author:Sandie Go
<Go一家>
渡米11年。USACA州在住。
<家族>
母:Sandie(筆者)
基本は専業主婦、時々フリーランスライター。自閉症児育児歴、16年。
父:Mandy
酒と本がないと生きていけない、自閉研究者。最近の趣味は子供と始めたバイオリンとゴルフ。
子供:K(男)
重度自閉症。16歳
子供:E(女)
高機能自閉症。10歳

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

ブログランキング

クリックお願いします
にほんブログ村 子育てブログ 自閉症児育児へ
にほんブログ村
にほんブログ村 子育てブログ 海外育児へ
にほんブログ村 FC2写真ブログランキング ↓↓義援金バナー貼りました。ご協力よろしくお願いします。 FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集 一日1回クリックするだけで寄付金が加算されるサイトです。 ホスピタリティクリック募金

リンクさせてください

いつもご訪問&コメントありがとうございます♪

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

検索フォーム

RSSリンクの表示

更新で植林♪

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。